今晩は、採れたて大根で霙鍋(みぞれなべ)

昨日いただいた大根をどんぶり鉢にスリスリ~アセアセ
今晩から冷える???という不確定な情報を信じて、風邪防止の霙鍋をすることにしましたチョキ
『霙鍋って聞いたことないけど~?』
『え゛!家の実家じゃ当たり前の鍋なんやけど・・・』
『したことないから、あんた作ってよなぁ』
『大根おろし入れるだけなんやけど。。。』
『ほな、どんな鍋ベースなん?』
『普通の寄せ鍋を準備してくれたら大根擦るわ』
・・・とせっせと準備アセアセ
『どのタイミングで入れるんヶ?』
『具材がグツグツし始めたらたっぷり入れるわ~』
・・・ここでポイント大根の水を切って一気にたっぷり入れるチョキ(搾るとペケ×
出汁の味がまろやか~になりますニコニコ
『めっさうまぁぁぁぁぁ~~~~~』な霙鍋でしたニコニコ
体の芯から暖まりますし、風邪予防にええでっせ~力こぶ
ほな

取材で・・・でっかい大根畑へ

でっかいどー!ほっかいっどー!・・・というわけで今日は北海道ではなく
お隣の龍野市御津町の大根畑へ仕事の取材で行ってきましたよカメラアセアセ
これ全部大根なんですオドロキ

『祭りも終わったし、写真撮りにきてよー』という連絡が入りダッシュアセアセダッシュダッシュタラーッドタバタと行ったのであった。。。
青々と茂る畑の撮影ということで気分上々アップ
大空の下で気持ちいい1日でした~ニコニコ

大根て白く長いもの・・・とばかり思っていましたがちっ、ちっ、ちっ
辛味大根という蕎麦などの薬味に使う大根を主に作って居られるそうで・・・

『かぶら』じゃなく大根だそうです~
取材を終えて、お昼にこの採れたての辛味大根を持ってとあるお蕎麦屋さんへクルマ
そのお蕎麦屋さんは『こちら』
『辛味大根でお蕎麦食べたらやみつきになるよ~』という位・・・旨かったオドロキ
上品なお味で・・・『めめめめめっさうまぁぁぁぁぁ~~~~~メロメロ
山葵要りません、ピリッとというかガツンというかパンチパーンチの効いた辛味がなんともいえないgood
普通の大根のめちゃ辛大根に『大当たりピカピカ』したことがあるが・・・そんな痛い辛さではないとても上品な辛さでしたチョキ
今度から蕎麦屋さんに行くときに辛味大根で食べられるお店を紹介してもらお~っとニコニコ
辛味大根・・・皆さんもいかが?
ほな

昔ながらの荒々しさが残る富嶋神社(御津)秋季例大祭

播州の秋祭りも本土では、ここ龍野市御津町の富嶋神社が最後のお祭りとなりなき
残すところ家島町の三社だけとなってしまいました。。。
今年は10月8日の恵美酒宮をスタートに姫路市内の11箇所の神社とここ富嶋神社で12箇所目の秋祭りを巡って、
この方と共に『飲んで飲んで飲んで喰って飲んで~~~』べろんべろんになりながら14日間秋祭りに浸り燃え尽きました~
・・・家島わいな?(家島はどないするんやと言う意味)
もとい・・・ひとまず燃え尽きました~メロメロ

今年の秋祭りは初日の台風直撃も免れ、全般的に良く晴れたいいお祭り日和でテンションも最高潮でしたが・・・
中盤の灘祭りでの出来事もあり複雑な気持ちのまま別ブログへの掲載も写真のみ行うことにして、
少しテンションは下がり気味でしたので子供の頃来て以来の富嶋神社でとても懐かしい光景に出会うことに。。。

小学校の時に叔父に連れて来てもらって以来ですので、かれこれ30年ぶりでしょうか~
久しぶりの富嶋でしたが、目に飛び込んでくる屋台練りの光景はその時に観た播州の荒々しさが残っていました。。。
やったいを『ガシャン』(練る時に地面に当たる)と落としながら練り上げるその様は、
祭り巡りを始めた子供の頃に観たとても懐かしい光景でした、
確実に何かが違う・・・ショー化している現在の播州姫路の秋祭りではないことは確かである。。。

宮入する屋台は鳥居ギリギリまで屋台を接近させ鳥居を潜る準備をします・・・
乗り子が『おろしましょー』と掛け声をかけると一気に屋台を降ろして鳥居を潜ります

降ろすと同時に猛スピードで屋台を引きずります

屋台が傾いていますが、下手なのではなくこのまま引きずるのです

屋台を引きずる鈍い音と響きがたまりませんメロメロ

傾いている方の伊達綱が観客をなでるように進んでいきますダッシュ

拝殿まで30メートル程でしょうか・・・
土埃を舞い上げながらどんどん引きずります

傍で見てるとスリル満点なんでしょう~どよめきと歓声が上がりますアップ


拝殿前に差し掛かると・・・そのまま一気に屋台を担ぎ上げますアップ

土埃が一気に舞い上がり、その中に屋台が立ち上がります
・・・鳥居前の練からここまで休憩なしオドロキ 凄っ!

拍子木が入り荒々しく差し上げますアップ

さらに拍子木が入り・・・

屋台を上下させながら差し上げます~
・・・これを数回(5回ほど?)繰り返す

この写真を撮ったところまで一度も屋台を降ろしません←めっちゃめちゃ凄いオドロキ
・・・ちゅうかこの後も降ろしてなかったりするかもタラーッ

が!しかぁ~し最後の屋台が宮入した後の練り合いが・・・

『よ~いやさ~タラーッ
個人的に西方の祭りで東方の掛け声は×ちょっと残念ガーン
・・・としょぼくれ半分で御呼ばれしたお家への帰り道。。。
目に飛び込むショッキングピンクの4WD農作業用軽トラック・・・↓

デコレーションカー『苅屋若中仕様ニコニコ 』←なんかツボにはまった。。。good

御呼ばれしたお家で喰って喰って飲んで喰って大宴会音符
ワイワイと大騒ぎロケット
べろべろ寸前で宮出しを見に行き・・・手ぶれはあまりしていないのでそうでもないかニコニコ

鳥居すれすれまで接近していますアセアセ

一気に降ろして・・・

屋台を引きずり出します

何度もチョーサして帰ります~
一通り宮出しを観てまた飲み飲み飲み~ビール
あ~今年もおわっても~~~たぁ~大泣き
また新たな1年が始まりました力こぶ
ほな

魚吹八幡神社の宵宮へ


高田のやったい

今日は網干に用事が出来たのでちょっと立ち寄ってみましたスマイル
CafeBaumが午前中だけ開いていたので、モーニングを頂きながら祭り談義コーヒー
しばらくすると・・・『ドーン!』と高田のやったいが出立ちの準備を始めたので
少し付いて行ってみた。。。
高田のやったいを間近で観るのは数年ぶりメロメロ
網干屋台の伝統の形を継承する上品な屋台なのでめっちゃ好きですチョキ

網干のお祭りでは宵宮は魚吹八幡宮には行かず村練りをして明日の本宮のみ宮入りするそうです
今晩は、提灯練りと宮内のやったい3台が楼門前で練ります~


津市場北のやったい

少し時間があったんでお旅所までぶらぶら~


津市場のやったい

津市場の屋台に遭遇。。。
しばらくすると、伊勢音頭と『引いたー引いたー』と聞こえてきたので、
だんじりが来たな~と音の聞こえる方向に向いて探してみた・・・


垣内だんじり

『イカツーッ』垣内だんじりは厳ついですメロメロ
だんじり全体を彫刻されてある超芸術品ですピカピカ
この後、一気に駆け出しやり回しをして走り抜けていきましたダッシュ
網干の秋祭り(提灯祭り)は本日宵宮、明日本宮が行われます。。。
ほな

地デジが我が家にやってきた☆BUFFALO DTV-S31A

楽天の期間限定ポイントがけっこう溜まっていたのでなんか要るもんないかなぁ~と探していると・・・
地デジチューナーを発見ピカピカ
我が家が液晶やプラズマなんぞになるのは2011年になってからだろうし・・・
どんなものか試すにはお手ごろやね~と買ってみたチョキ
早速取り付けてみたら『めっちゃ高画質オドロキ
元々アナログでも電波は強い方だったので観づらいことはなかったが、
こんなに綺麗に写るとは思わなかった↓実際の映像

・・・写真では分かりづらいかアセアセ
見た目にキメが細かくなってハイビジョン映像なんかは奥行きが出てDVDを観ているような気分チョキ
ほんとはBS/CS付きにしようかな?と思ったけど・・・
通販やし、失敗してもいい金額なんでとりあえず地上波専用のを6,980円で買いました~↓
地デジ エントリーモデルDTV-S31A【1019_送料無料】【PC家電_088P5】【kzxeu7t】【10/23 AM9:59…
BS/CS付きは・・・
アナログテレビで地デジ&BSデジタルが見られるチューナー!I・O DATA/アイ・オー・データ HVT-BT200…
こんなのがいいかも~ですニコニコ
今つけてるの5,000円で買ってくれる方居てたら『アイ・オー・データ HVT-BT200』を試してみたいと思います~
誰か買ってくれない?
ほな

迫力の拝殿練り☆英賀神社本宮へ行きました

昨日、出立ちの時刻AM6:00と聞いたのでしたが・・・
お目覚めAM8:00。。。ガーン すぐに準備して自転車
宮入の完了時刻は確かAM11:00だったよな~←到着したのがAM11:00過ぎ。。。ガーン
拝殿練り観れへんかったダウン・・・と落ち込みながら宮の中へ
屋台は全部座ってる、そらそうやわなぁ~
・・・と思いきやオドロキ

中浜屋台が動き出した。。。???
ちゅうことは・・・今からか~アセアセ

中浜大屋台は拝殿練り使用では無いそうで拝殿前で差し上げ後、練り子が拝殿で参拝する
結局、英賀神社の祭礼スケジュールは、宮入→休憩→拝殿練り奉納→休憩ということやったんですねスマイル
・・・3年連続で観に来た割にはええ寡言なやっちゃタラーッ
英賀神社では練り方の特徴に高床式拝殿に大きな屋台を担ぎ上げて練る『拝殿練り』を行います。
他を圧巻する英賀神社『拝殿練り』は必見です~
山崎屋台の拝殿練り↓


英賀神社拝殿内、差し上げられた山崎屋台

ここと駅前屋台(後の写真)は大屋台にも関わらず、背が低く路盤が大きいので少し小さく見えるのだが・・・
拝殿で差し上げた際に拝殿内でとても美しく見えます、
棟の高さといい幅といい屋台の大きさを絶妙な大きさに設計されているのには驚きですオドロキ
この後、今年の山崎は凄かったオドロキ
拝殿から屋台を出した後、肩を入れ担いで拝殿前を出るのかと思いきや・・・そのまま差して出て行った拍手
駅前屋台の拝殿練り↓


英賀神社拝殿内、差し上げられた駅前屋台

続いて英賀東の屋台も拝殿前にやってきました・・・
大きな路盤が拝殿に入りいよいよ拝殿練ですメロメロ


英賀東屋台の路盤(英賀東氏子 大木氏作)

この方のお父さん曰く、
『英賀東屋台の彫り物はすべて我が氏子の彫り師に担当してもらった、英賀東の誇りや~』・・・と語る

『よーぃやさー』と大きな掛け声で、英賀東屋台が拝殿に上げられてきた~


英賀神社拝殿内、差し上げられた英賀東屋台

拝殿入り口側から観た差し上げ↓

勢い余って上の絵馬に激突!すす埃が『ダダダッ』と降ってきたガーン
・・・観る側としてはドキドキ感が有ってよかったですチョキ



拝殿を出る英賀東屋台

狭い拝殿の入り口ギリギリで屋台が出て行きます~アセアセ

迫力ある拝殿練りでした~拍手
つづく。。。

英賀神社宵宮と広畑天満宮宵宮へ

午前様大阪出張帰りで『ボーッ』としていると・・・この方からケータイ不在着信
折り返しケータイでちょこっと話した後、この方ケータイ『今日行くんヶ?』とTEL中に
某英賀人からキャッチケータイ『いくどー!!ほな、迎えに行くわ・・・』と強制連行されこの方ケータイ『行ってくるわ・・・ほな』
・・・ちゅうわけで、英賀神社の(というより英賀東のお供)
とりあえず、お目当ての『英賀東&矢倉東』の練り合わせGET!!

『英賀東』屋台にテボテボ付いていき・・・

あっさり『中浜』と練りあわせをGET!チョキ
そのまま宮へ行くのか!と思いきや・・・英賀保駅前へテボテボ

続々と屋台が集結オドロキ
練りあわせまでは時間がありそうやし、お腹が空いたんで英賀保駅前の『栄太郎ラーメン』で腹ごしらえごはん
ここで広畑行くか、英賀駅前の練り合わせ見るか・・・?でこの方ケータイ
『広畑は今日どんな感じヶ?』
『18:00頃から5町練がありますよ~』
『ほな、18:00に行くわ~じゃんけん負けたらアイスクリーム奢りなニコニコ
『え゛!』
・・・ちゅうことでそれまでの時間に英賀保駅前の練りあわせをしばし見ることに


頃合も良さそうなんで広畑へテボテボ・・・何ぼほど歩くねんアシアシアシアシアシ
やっとこさ、たどり着いた頃には屋台は集結・・・この方ケータイ
『着いたで~』
・・・というわけで合流チョキ
さっそく娘さんとじゃんけん
『さいしょはグー
『じゃんけんぽぃ~』チョキパー
『あ゛!おっちゃんの負けや~アイスクリーム奢っちゃるわ~ニコニコ
・・・と負けて良かったアセアセ


2台、3台・・・と屋台の練り合わせがつづき、いよいよ5町練りへ



ずらっと勢ぞろい力こぶ

壮観でしたニコニコ
広畑の5町練を楽しんだ後・・・『英賀東と英賀西』の町練りも観れるで~と末広橋を渡りまたまた英賀へテボテボ~

練り場で待ってると、『西浜』屋台が通過~ダッシュ
そろそろ始まりそう・・・

始まりました~
・・・とここでこの方出没スマイル 『こんばんわ~』

ええ練りでした~チョキ
明日の本宮の成功を祈り万歳万歳万歳

帰り道ついでに『英賀東』屋台に付いてまわり・・・

結局、屋台蔵まで来てしまった。。。

『明日、出立ち6:00頃やからな~』
・・・いえいえ無理ですからタラーッ
と・・・秋の夜長を楽しんだのであった。。。
ほな

大塩天満宮と灘のけんか祭り

今年はちょっとパターンを変えて、15日の本宮は大塩天満宮→灘のけんか祭り(広畑:ひろばたけ)という順番に・・・
宮入待ちの東の丁ヤッサ付近でカメラを構えといて・・・
ファインダーを覗きながら目的のある人物を探す・・・後姿を捉えたところでケータイ
この方の不意打ちを『パシャカメラ
ちゃんとまじめに祭りやってましたニコニコ
宮入中の東の丁屋台↓

びしっと差し上げアップ 西日がまぶしいぜピカピカ
宮入後かっこよく記念撮影カメラ

この後、灘へ向かうつもりだったが『とりッくす』建築メンバーとばったり出会いビール
そのまま、連中の集まってるところでご馳走をいただくことに~ニコニコ
突然乱入してスマソ~おいしく楽しく過ごせましたチョキ
ご馳走様でした。
・・・ちゅうわけで、今年は獅子は観ず広畑桟敷へ直行クルマアセアセ


御輿合わせにも間に合いgood

ヤッサの練り合わせを楽しみ感動のフィナーレへ。。。なき


今年は諸事情により本宮を辞退した妻鹿の桟敷から観させていただきました~
*妻鹿への思いやりをヤッサ練りで表し広畑を後にする各村の屋台に感動してみんなで男泣きしました大泣き
『来年はきっとこの場で』を誓い、祭りの余韻に浸りながら夜遅くまで鍋をつつき、
秋の夜長の播州姫路の秋祭りがまた一つ終わったのであった。。。
・・・これがあるから祭りはやめられへんメロメロ
播州姫路の秋祭りは折り返し、後半戦に突入するのであ~るスマイル
ほな