Firefox4インストールしてみた・・

久しぶりにFirefoxのHPを覗いてみたら・・
Firefox4がリリースされていたので早速DL→インストールしてみたチョキ
この記事もインストール後書いているが、
非常に軽やかに表示されるニコニコ
ええこっちゃメロメロ

3.6もかなり速かったと思うが、
感覚的にめっさめさはやゃゃゃゃゃゃゃ~~~~~~~オドロキ です
インストールしたばかりなので、
ひとまずの感想でしたチョキ
あ!iPhoneやAndroid端末とも同期できるFirefox Homeも同時にリリースされているので、
こっちもやってみたチョキ
iPhoneでの利用方法は後ほどUPします~
ほな

アンチウィルスソフトとTracking Cookie


我が家ではゲートウェイファイヤーウォールという装置を配置しているので、
ある程度そこで不正パケットやウィルスの侵入を排除できるのだが・・・
すべてにおいて駆除することがGW(ゲートウェイ)では困難。。。
そのために、FreeのAntivirusソフトAVGを永年使ってきたが・・・
最近、Web閲覧だけで感染するコンピュータウィルスとかが多くなり、
なぜか?ブログ管理画面等に広告が表示され始めてから
定期スキャンの結果に警告が出るようになった。。。
調べてみたら・・・Tracking Cookieというもので、
リスティング広告などで広告のターゲットを制御したりするものらしく、
正しく使われていれば問題ないらしいのですが、
あまり気分のいいものではないので都度削除していました。。。アセアセ
特に問題なくAVGでもちゃんと駆除できているのですが、
今回念のため、全PCのantivirusソフトを機能的にも充実している
avast!へ変更。。。

avast!は個人の非営利目的ならライセンスが無料で使用できるソフトです。
メール保護、Web保護、PC常駐保護、ネットーワーク保護(ファイヤーウォール)などの機能を装備し家庭で使うなら十分な高機能antivirusソフトです。
気に入らないTracking Cookieも拡張子等を指定すれば駆除できそうなので、
いちいちウィルスソフトを立ち上げて駆除しなくとも、
あらかじめ駆除するように設定すれば自動的に駆除できそうだチョキ
・・・ブラウザで設定もできるがいちいち面倒なので導入した
設定はまだ行っていないが、
とりあえずデフォルトで使いながら問題点を自分のPCに合った設定を
行いたいと思う。。。キョロキョロ
若葉マークウィルススキャンソフトは軽くて機能的で自分が理解しやすいものを使いましょう。
Tracking Cookie解説:やさしいセキュリティ(トラッキングCookie)/Firewallと森で遊ぼうより

WindowsXPもついでに高速化・・・

一つ前の記事でポンコツノートPCにFirefox3をRAMディスクで高速化したが、
デスクトップPCにもちょっと応用して施してみた。。。
うちのデスクトップPC(AthlonX2/3800+、MEM1G)も、そろそろ骨董品に片足突っ込んでいるが、
もうちょっとだけ頑張ってもらわなあきませんので、気合注入!『気合だー!』←そんなもんで動いたら世話無いアセアセ
・・・どうでもええけど何を施してん?
はいはい~本題に入りますニコニコ
まず、デスクトップPCを主に何に使っているかというと・・・
Photshopとかイラレとか画像加工、文書作成、インターネットなど結構オールマイティーに使っているので、
今のメインメモリが1GBとしょぼいこともあり、
メインメモリ上にRAMディスクを作ると画像加工とかの際にフリーズする恐れもあるので、
現環境を維持しつつ高速化する方法をとることにした。。。
そこで携帯用のSDメモリ(256MB)が余っているのに着目キョロキョロ
『ほな、コレ全部いてもたろ~』ということで・・・
PCのメモリカードリーダーにSDメモリをセット、
Gavotte Ramdisk』でRemovableDiskを選択して256MBに設定しOKを押して完成・・・
SDカードをRAMディスク化した。。。チョキ
ほいで、例のごとくFirefox3に『ちちんぷいぷい~』とおまじないを入れ←一つ前の記事みればわかるチョキ
Firefox3のキャッシュを128MBにセット、ためしにネット閲覧・・・『超はやっ、かるっニコニコ
・・・とここまではSDカードを使う以外、一つ前の記事となんら変わりない
RAMディスクの容量が128MB開いているので、
コレを使ってWindowsXPを高速化したろ~ちゅうことですニコニコ ←前置きながっアセアセ
どんな魔法を使ったかというと・・・
WindowsXPが動作する際にTEMPとかTMPに一時的に動作をキャッシュするので、
そのフォルダーをRAMディスクへ定義してやればアプリケーションの立ち上げとか、
作業速度が格段にUPするという『あらびんどびんはげちゃびん』なのです~スマイル
『それをやるには、どないしたらええねん?』
その前にコレ読んでね↓
若葉マーク自分で元通りに出来ない方やリカバリーとかやったことが無い方は絶対に施さないでください当方では責任持ちません
ここから先は、ぜ~んぶ自己責任でやりなはれや~あっかんべー
・マイコンピュータを右クリック→プロパティーを開く
・詳細設定タブを開いて、環境変数ボタンを押すとユーザー環境変数というところがあると思うので、
 その値をまずメモすること(失敗した場合あとで元に戻さなあかんので・・・)
・ほいで、編集ボタンを押して、TEMPとTMPの値をさっき作ったRAMディスクにする
 (例えば、R:TEMP とか各自環境に読み替えること、当然やけど半角英数で入れるんやで~)
・編集が完了したら、念のため間違いが無いか確認してや~
・OKを押して設定は終わり、PCを再起動して無事に起動できれば『めでたしめでたし拍手
 起動できなかったら、残念ながら大失敗です大泣き
 あ~あタラーッ
無事に起動できると別世界が待っていると思いますチョキ
・・・失敗すると、とんでもないことになります←予想不能ガーン
良いPCライフをお送りくださいまっせ~
まっ、そういうことですわ。。。ニコニコ

Firefox3をRAMディスクで高速化

我が家のポンコツノートPCⅡ(P4/1.8G、Mem1G)のWindowsXPがupdateする度に、
OS、ブラウザ共にだんだん重くなってきたので、せめてネットだけでもサクサク表示してくれないかな?
と方法を探してみた。。。
当初、Google Chromeなら元々軽いしそれをさらに高速化すればなおいいだろうと検索して方法を探してみたら・・・
Google ChromeのcacheをRAMディスク上に置いて高速化を実現するというものを見つけてやってみたが、
RAMディスクは作れたがうまく動作しなかったガーン のでほかの方法を探すことに・・・
参照:Gavotte Ramdisk + Google Chromeで高速化の極限に挑む!
タイトルどおりチャレンジしたい方はここ↑を参考にRAMディスクを作っておく
☆さらに出来上がったRAMディスクの容量を64Mに設定しておく

というわけで、せっかくRAMディスクを作れたので、Fairefoxならもうちょっと簡単にできないかな?
・・・と、さらに探してみて参考にしてやってみたチョキ
まずFirefox3のアドレスバーに、
『about:config』と入力してエンターする
次にフィルターのところに、
『browser.cache.disk.parent_directory』と入力してエンター、何も出てこなかったら下の空欄でマウスを右クリックして、
・『新規作成』→『文字列』を選択
・下記の値を入力してOKを押す
 『browser.cache.disk.parent_directory
・文字列『R:(RAMディスクのドライブ)』を入力してOKを押す←各自の環境で読み替えてね
(私の場合RドライブがRAMディスク)
・Firefoxを再起動する
(RAMディスクにcacheフォルダが出来ると成功)
Firefoxの標準のcacheサイズは50MBなので、
さっき作ったRAMディスク内に納まる
cache容量変更はRAMディスクの容量に比例して設定するチョキ
早速Firefoxでブラウズしてみると・・・
『はやっオドロキ 、かるっオドロキ 』・・・てな感じになりましたメロメロ
モバイルなんかでやってる方も、若干軽くなるかも~ですニコニコ
☆これをやっても通信速度が速くなるのではありません。。。
ほな
WindowsXP+Firefox関連記事
 ・Windows環境もFirefoxなどなど変更。。。2008年03月03日

ほれ言わんこっちゃない・・・

VISTAに見切りをつけた(ITMedia NEWS)
WindowsVISTAは、もうすでに終わっている。。。ちっ、ちっ、ちっ
Microsoftは同社内でも、次期OS『Windows7』へ期待が移っているようだ・・・
理由のひとつが、WindowsVISTAのパフォーマンスよりWindowsXPの方が上回っているという・・・
ここから↓わっち』的見解。。。
結局、某半導体メーカーと組みWindowsのパフォーマンス不足をハードで補っている事が見え見え、
WindowsはバージョンUPすればするほど、パフォーマンスが低下し、
ハードウェアーを買い足したり、そのものを買い換えるしか一般ユーザーは、
使用速度をUPさせることは出来ない。。。
パソコンを動作させるOS(基本ソフト)がこんなざまでは、
将来性などもう無いのと同じである。。。
DOS/Vパソコンという概念もハードウェアーの限界近くに達していると思われる事から、
本当の意味での次世代PCは、昔のオフコンみたいな使い方に近くなるかもしれない・・・
ネット上のビックコンピューター(Google、Yahooなど)計6台にログインするだけで
使えるネットワークステーションが主流になる事だろう。。。
どんな使い方???ができるかというと・・・
端末を購入して、アカウントを取得(もしくはプロバイダー契約時に取得)
電源を投入し、ログイン画面にIDとパスワードを入力すれば・・・
OSがネットワーク先で起動している・・・(端末自体にOSは必要なくFW(BIOS)等で起動する)
その端末上で、CSなどの有料TVチャンネルの契約のように、
アプリケーションを必要なものを必要な期間だけ契約し使用する事が出来るのではないかと思う・・・
その前座のサービスが、『Googleアプリ』という事だろう。。。
この方法が実現できれば、
ユーザーはスタンドアロン(単体のパソコン)でOSをインストールしたりリカバリーしたりする必要が無くなるので、
パソコンど素人でもメンテナンスの必要がない。。。
また、端末にそれほど負荷をかける必要がなくなるため、価格もかなり抑える事が出来るだろう~
(負荷はサーバー側が負担)
パソコン毎にOSを入れるという不合理な現在のパソコンでは、維持するのに金がかかりすぎるし、
一般ユーザーがトラブルの対処をすること事態、現在のパソコンは不完全製品である。。。
この不合理なパソコンからユーザーを解き放つべく、
世界のBIG6サーバーは、すでにこの計画を水面下で模索している・・・
MicrosoftがYahoo!を巨額を投じてでもほしがる理由は、ずばり上記の動きに遅れをとりたくないということです!
関連記事:Microsoft←米Yahoo・・・インテル様子見?(2008年02月07日)/『わっち』のblog。。。
・・・ていうか、買収できなければMicrosoftが消える(違法独占グローバルスタンダードの消滅ニコニコ
その後、日本がハイテク氷河期から目覚める事になるでしょう~晴れ
早く、その日がくる事を切に願う。。。

イラスト作成ソフト(PictBear)の紹介

昨晩、ちょちょいとブログのヘッダー画像を入れ替えるときに使ったソフトをご紹介します~
初心者でも簡単にイラストが描けるPictBearですたこ
もちろんフリーウェアーなので無料で使えます~ニコニコ
作者を応援したいと思ったら寄付してあげてくださいねピカピカ
今までは、MSの標準でインストールされるペイントを使って『キリキリムカッ』しながら作っていましたが、
描くときの鉛筆やブラシ、エアーブラシなどバリエーションもあるので組み合わせれば、
いろいろな表現も可能です~
・・・っていうか、ペイント使って描くのってお前くらいじゃ~ニコニコ
イラストを描くときは、一気に仕上げるのもよし、少しづつ描くのもよしですので、
根気よくコツコツやれば出来上がります~
描きたいものを思い浮かべてマウスを動かせば、そのイメージに近づいていきますよ・・・
マウスが滑って絵が崩れても、その上から別の色で塗りたくれば、
後からいくらでも修正できます(油絵の描き方に近いかな・・・)
ぜひチャレンジしてみてください!
ダウンロードはここから
出来上がった時の達成感は気持ちが良いですよ。。。晴れ
関連記事:春バージョン~イラスト復活~
過去記事:『わっち』のblog。。。秋バージョン2『わっち』のblog秋バージョン完成!『わっち』のblog夏バージョン完成!

OpenOffice(Writer)でPDF化

昨日に続き・・・Windows版OpenOffice(Writer)の機能をご紹介します。。。
なんと!PDF文書として保存できます。オドロキ
もちろんぼったくりAdobeAcrobat(6万くらい)はいりません~無料です!

適当に文書を作って・・・
注意:文書内容はフィクションです実際に行われる内容ではありませんちっ、ちっ、ちっ
PDFというボタンを押すと・・・

保存先を聞いてきますので適当に選び、ファイル名を付けて[保存]ボタンを押します。
出来上がったファイルを開くと・・・

AdobeReaderが立ち上がり、見事にPDF化できています。。。
PDF文書は、編集を伴わない回覧用文書にできるほか、
上場企業などのIRなどでも使われている文書形式です~
また、画像をふんだんに使い、簡易パンフレットの電子化ができますので、
インターネット等で配布できます。。。
パンフレットをわざわざ郵送せずとも、あらかじめPDF化して作成しておけば、
電子メール等やサーバーからのダウンロード等で配布できますので、
印刷の手間や郵送代が節約できますね。。。ニコニコ
もうそろそろ、使ってみようと思いはじめてませんか?
今日はOpenOfficeのWriter(ワープロ)で作った文書のPDF化を紹介しました。。。
関連記事:Windows版OpenOffice(Writer)を使ったOpenOffice.org2.3の紹介
参照記事:オープンソース画像編集ソフト-GIMPWindows環境もFirefoxなどなど変更。。。

オープンソース画像編集ソフト-GIMP

GIMP本家サイトGIMPダウンロード→このページのGIMP for Windowsからできます~
参考サイト:GIMP2を使おう
オープンソースの高機能画像編集ソフト、GIMPを紹介します~
GIMPは、GNU Image Manipulation Programの略称でビットマップグラフィック編集・加工ソフトウェアです。
これもLinuxなどのUnix環境では大昔から標準で付いていた画像編集ソフトです~
・・・無料?
もちろん!無料ですニコニコ
精度は32bit環境でのきめ細かな編集が可能で、AdobePhotshopとの互換がとれます。
もうお分かりかと思いますが・・・
めちゃんこ高価(15万くらい)なAdobePhotshopを買わずとも、相応の編集ができるんなら、
GIMPで十分ニコニコ ということです・・・
早速インストールしてみた!

起動中画面↓

インストール開始画面は、英語でしたが・・・
インストールが完了した後は、日本語で表示されますので、英語が苦手な方も安心して使えそうです~アセアセ
ちょこちょこっとテストラン・・・

画像を読み込んでみた・・・

保存形式も[Photshop 画像]というものがありますし、ビットマップ形式やGIF,PNG,JPEGも当然サポートしています。
使いこなすことができれば、プロ級の画像編集もできそうです~V^^;V
おためしあれ~
PS:画像編集ソフトということもあり、メモリを少し食いますので編集環境では、最低1GB推奨2GBくらいは必要かも・・・
関連記事:
参照記事:Windows環境もFirefoxなどなど変更。。。Windows版OpenOffice(Writer)を使った
       OpenOffice.org2.3の紹介

Windows版OpenOffice(Writer)を使った

先日紹介した(Windows環境もFirefoxなどなど変更。。。2008/3/3の記事)OpenOffice(Windows版)を早速使ってみた、
今回は、Writer(MSでいうWord)のファイル読み込みと編集・保存を試してみました~
MSWordで作成した文書を読み込む。。。
罫線・表付の文書の場合は、
元のWord文書のバージョンにより若干ずれるらしいが少し修正すれば、
(『わっち』の環境では現象出ず)
書式等大幅に崩れることはなさそうです~ニコニコ
テストを行うために若干編集し、保存。。。
OpenOffice-Writerで編集したものを保存後、MS-Wordで開いてみると・・・
ずれなど全くなく互換性があることを確認できました~
保存する際に保存形式を選択できますので、文書の編集を共有する必要性がある場合は、
Word形式[MicrosoftWord 97/2000/XP形式(.doc)]を選んで保存すればいいと思います。
その他の保存形式は。。。↓(画像を押すと拡大されます)

町内会の文書や催し案内、印刷後配る等一般的な文書なら誰にも迷惑をかけませんし、
全機能を思いっきり使うような文書を作成しない限り(そんな奴はおらんムカッ)全く問題ないと思う。
結論から言うと、『使えます!』
MS系ソフトはバージョンを1つ飛ばしくらいで購入すれば、無駄な出費をせずにすみますよ~
(『わっち』はOfficeXP以降全く購入していません、ちなみに今度購入するときはOSのバージョンが大きく変わったときくらい)
・・・フリーソフトやから無くなるんとちゃうのん?
そこらの中小企業が作っているソフトではなく、配布はITの老舗?Sun(サンマイクロシステムズ)が行っていますので
よほどのことがない限り、撤退することはないと思います。
・・・使い方が違うんとちゃうのん?
一般人から見て、細かいどーでもいい機能は違うところもありますが、
一般的なおっちゃん・おばちゃん文書ならWordが使えればほぼ違和感なしに使えます。
・・・なんでただ(無料)なん?
そんなこと知らん!
・・・というか昔っからオープンソースプロジェクトなるものがコンピュータ社会にあり、
  Window化プロジェクトも同様のプロジェクトで開発された。。。
  MSはそのプロジェクトからパクッタと思われる、
  その後政治的背景を利用し(今、大統領選で気の強~いおばちゃんの旦那が世界に圧力をかけた)
  具体的にいうと当時の米国政府が詐欺の片棒御輿を担いで全世界にグローバルスタンダードをうたい
  MS-Windowsを全世界にリリースしてB・G(ビルゲイツ)が大金持ちになって、
  全世界のコンピュータ会社がビンボーという前代未聞の惨劇が生まれたということです。
  (一部事実を『わっち』的な言葉でいやみたらたら書いてます)
というわけで、この記事の続きを書いていきますのでよろしく~
MSにお金を払うほどあほらしいことはやめましょ。。。
関連記事:OpenOffice(Writer)でPDF化OpenOffice.org2.3の紹介
参照記事:Windows環境もFirefoxなどなど変更。。。

Windows環境もFirefoxなどなど変更。。。

Fedora側のカスタマイズも一段落したので、今度はWindowsXP側のカスタマイズをやってみた・・・
InternetExplorer7を入れてから激重環境になってしまったので、
Firefox2.0をインストールしてFedora側同様に高速化しました~
これだけでいきなり激速です(爆ニコニコ
☆Firefoxはトレンド商品ピックアップでも紹介しています~
ついでにメールクライアントもThunderbirdに変更して同じく高速化&ちょこっとカスタマイズ・・・
Firefox&Thunderbirdインストール後のショット↓

そして、期待のOpenOffice.org2.31をSunMicroからWindows版JRE無しをDownload。。。(無料)

OpenOffice.orgダウンロードは↓
 Use OpenOffice.org

すべての動作確認を予定しているため、Writer,Calc,Impress,Base等をフルインストール・・・
こちらの動作もMSOfficeに比べ若干軽いスマイル
OpenOfficeをインストール確認後のショット↓

OutlookExpress7はお邪魔になったのでアンインストール、
InternetExplorer7もこんにゃろ~とアンインストール(IE6に戻した)
・・・本当はIE6も削除したいところだが、
  投資用のアプレットがFirefoxに対応していないものが一部あるためやむをえず残すことにした。。。
これで、Intel&Microsoftの陰謀から開放されオンボロPCでも軽々環境になりました~V^^;V
OpenOfficeの使用レポートは後日記載していきます。。。
関連記事:Windows版OpenOffice(Writer)を使ったOpenOffice(Writer)でPDF化
参照記事:オープンソース画像編集ソフト-GIMP