今日もチャリで・・・えっほえっほ?


(道標?姫路市千代田町にて? 2009年03月28日撮影)

腰の痛みも若干よくなり、リハビリ痛めつけがてら🚴=3で客先へ。。。
先週見つけていた気になる道標・・・
通り過ぎようかな?と思ったがなんて書いてあるのか気になる・・・気になる・・・
といっても急には止まれません🚴__________Π___💦←いったいどんだけ漕いでんねん💧
・・・戻ってきて道標を見ると
『←あぼ志美ち』と書いてある。。。
いつ立てられたものなのか?とかは書いていなかったが、
めっちゃ古そうでもない。。。書いてある字の使い方は古そうだが💦
・・・はて?コレを見るとこの道(今走ってきた道)が『あぼ志美ち』なのか
  それとも矢印のとおりもうちょっと行ったら『あぼ志美ち』なのか。。。
『あぼ志美ち』=『網干道(あぼしみち)』←たぶん💦
・・・ということはこの先の『県道502号英賀保停車場線』のことかな?
  (JR山陽本線沿い?歌野橋?大平橋?魚吹八幡神社?と行ける😲)
なるほど😊←と関心している場合ではない・・・
網干といえば、今日なんかあったような・・・『あ、思い出した武神祭や!』えらいこっちゃ?💦
はよ帰って仕事済まして行かなぁ?🚴=3
🔰武神祭とは網干の魚吹八幡神社のお祭り。。。参照:祝!武神祭!(てんやわんや!)
・・・と急いで帰ってきたのだがこんな日に限って💧
またもや!『ぽんこつPC』動きませ?ん(´;ω;`)
なんでやねん!?『シ・バ・ク』👊👊👊
・・・しばいたら再起動&ディスクチェック約30分『破壊するぞ!ほんまっ』
おかげで仕事遅延&武人祭行けず&予定延期のトリプルパンチ😨
ポンコツPCと寿司詰め状態でストレス指数レッドゾーン⤴
今日だけはマジで殴った👊👊👊
・・・2回目殴ったら急に動きがよくなり←今頃遅いねん
なんとか一段落=3
明日は休日返上で東大阪へ行くことになっちゃったよ。。。とほほ⤵
・・・で、『あぼ志美ち』は?
え?あ?また今度。。。

午前中は飾磨街道をサイクリング~♪


(旧飾磨街道~栗山付近~ 2009年03月21日撮影)

自転車ちゃりで亀山付近までちょっと用事があって下った。。。
天気もよく暖かくなってきたのと健康のために移動は『ちゃりんこ自転車』にしました~チョキ
山手の我が家からどう下るべきか・・・?
現在の道路整備されたところを通るとなんでか?時間がかかる・・・
そこでいつもちゃり自転車や徒歩で移動する際は旧街道を使うと意外と早く目的地へ着く。。。ニコニコ
書写街道を下り旧西国街道を横切って現在の豆腐町辺りから旧飾磨街道へ。。。
目的地まで約5kmほどですがなんとゆっくり漕いで30分オドロキ
へたするとバス+山電乗り継いで行くより早いかもアセアセ
旧飾磨街道は生野から飾磨港(現在の姫路港)までを結ぶ旧街道で別名『銀の馬車道』ともいう・・・
写真を撮るのを忘れたが、旧国鉄の飾磨港線(播但線の支線?今は跡地)も
この街道に沿って敷設されていましたが国鉄民営化によって廃線となりました。。。
旧飾磨街道沿いには、町屋がところどころ残っていて当時の繁栄を今でも残す風情のある街道です~チョキ
そんな町並みが目を和ましてくれるのか、ストレスなく目的地まで行くことが出来ました~
途中には亀山御坊本徳寺もあって明日は楽市(pdfです)が開催されるそうです。。。
用事を済ませてまた旧街道をえっちらほっちら自転車で帰ってきてコーヒー一服中ですチョキ
・・・そういえば、亀山御坊から船場御坊へ直通で抜ける道もあったような?←調べとこ
いい天気晴れなので、もう少ししたら自転車でうろうろといつもの散歩に出かけようと思います~ニコニコ

湯村で見つけたレトロな風情・・・

『ゆでたまご(荒湯たまご)』の茹であがるまでの湯村温泉町の散策で見つけました・・・
何造り?かはわかりませんが、民家の蔵だと思います・・・
湯村温泉界隈自体がレトロな町で、時間があったらもう一度ゆっくりと散策したい処です~

写真の建物はもう少し古いと思いますが、昭和40~50年代の町並みにタイムスリップ~時計
『ふらっ』と立ち寄って~ぶらリ散策~、何処か身近で懐かしいレトロな温泉町の風情が味わえます。。。

湯村温泉は、わが国最初の大師号を得た『円仁(慈覚大師)』によって、
平安時代(848年)に開湯された歴史ある温泉地です。。。
約1200年もの間、一度も涸らすことなく現在でも湧き続け、
加温せず源泉からそのまま利用できる数少ない天然温泉でもある・・・
湯質は炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉で、
効能は、筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・慢性消化器病・
冷え性・きりきず・やけど・慢性皮膚病などに効力があるそうです。。。
源泉の荒湯↓(左奥に慈覚大師が祀られている)

改めて調べてみると、とってもいい温泉ですね~
歴史探訪を兼ねてもう一度行ってみたくなりました。。。

本徳寺(船場御坊さん)

レンガ造りの工場から帰りに船場本徳寺に寄ってみました・・・

ここも、あちこちが朽ち果てはじめていますが、子供の頃の懐かしい思い出の場所です・・・
大きな本堂が『どかーん』とあります~


ここの大きなそり屋根のカーブがなんとなく好きです✌
船場御坊さんは、東本願寺(真宗大谷派)の別院で、
姫路船場別院・轉亀山(てんきざん)本徳寺というのが正式名称だそうで、
1492年に本願寺第八代蓮如上人の命により、お弟子さんたちが播磨国『英賀の浦』に道場を建立したのが始まりで、
その後、姫路・亀山の地に移築され、浄土真宗の東西分派の流れによって、
1618年姫路城主・本多忠政の時代に真宗大谷派(東本願寺)船場別院本徳寺としてこの地に創設されたそうです。

約6600坪の境内には、1718年に落慶された17間四面の本堂や、
明治天皇が姫路に訪れた際にご宿泊された行在所(あんざいしょ)と呼ばれる建物、
西南戦争や勤王志士の碑、第一次世界大戦時のドイツ兵捕虜が造ったといわれる城の模型等が、
ひっそりとたたずんでいます。(『ひめのみち』より引用)
参照:姫路市文化財課HP
ここも、末永く残って欲しい古きよき佇まいを残す由緒あるところです。。。☺

レンガ造りの工場とモノレール跡・・・

市役所からの帰りにちょっと寄り道🚴=3


明治時代にタイムスリップしたようなレンガ造りの工場です・・・
この工場は山陽色素の工場で今でも稼動しているんですよ~オドロキ


ここの近くに龍田紡績の同じくレンガ造りの大きな紡績工場がありましたが、
駅高架事業に伴う都市開発で残念ながら消えていってしまいました。。。
もし万が一、写真のこの工場を取り壊すような事があれば本当に寂しくなるので、
景観・ロケーションもいいので末永く保存してもらいたいものです・・・
これもまた、消え行く運命になる可能性がある廃墟と化したモノレールの橋脚・・・
このロケーションで撮影できるのもあと僅かかもしれないので📷に残しました・・・

子供の頃はよくこの辺りでうろちょろしていたのですが、
大将軍橋(産業道路の陸橋)も撤去が終って思い出のあった景観は消えてしまっています・・・

最近、写真の技術ばかりに気をとられ、こういった消えていくものを記録として収める事を忘れていた・・・(´;ω;`)
時代の移り変わりの記録として気になるところを撮っておきたいと思う。。。😊