Canon EF50mm F1.8 II購入

短焦点レンズ初心者向けの超人気レンズCanon EF50mm F1.8 IIを手に入れましたニコニコ
なんと絞値F1.8という明るさが魅力的です~ニコニコ
どんなシーンで使うかというと・・・
・室内撮影
 →薄暗いところでも明るく撮れる
・背景を暈した撮影
 →花や置物等々ピントを当てたところを中心に綺麗にぼけてくれる
・ライトアップの夜景に
 →明るく撮影できるので手持ちでも綺麗に撮れる
・人物撮影
 →スナップ写真など人物撮影が素直に表現できる
・・・などなど
Canon EF50mm F1.8 IIサンプル写真↓


ISO1600/F1.8/Avで撮影 Canon EF50mm F1.8 II+Canon EOS DigitalX

ISO400/F6.3/Avで撮影 Canon EF50mm F1.8 II+Canon EOS DigitalX

ボケ具合がきついのでピントを合わせるところを間違えると2枚目のようになる・・・
ちなみに2枚目のピントはレンズガラス面に合わしているので、
それ以外のところがボケて全体的にピンボケ写真のようになるので注意ちっ、ちっ、ちっ
→このレンズで飼い猫を試し撮り
短焦点レンズはそういった点から少し撮影が難しいので好き嫌いがあるレンズですが、
表現が面白くなるのでチャレンジしてみたいと思います~
最近立て続けにレンズ買ってるけどお小遣い大丈夫・・・?キョロキョロ
実はこのレンズめちゃぐちゃ安いレンズなんです~
送料込で10,000円切ります、ちなみに買った価格8,800円オドロキ
送料500円(代引き手数料無料)だったので合計9,300円メロメロ
普段使いで使うなら安いかもね拍手
ちなみに楽天ショップ『デジカメオンライン』さん↓で買いましたチョキ
★キヤノン EF50mm F1.8 II/デジカメオンライン★
ポイントもたくさん付いて実質8,500円でしたぁ~拍手
是非お試しあれ~
ほな

>> 保有機材とか <<

Tokina AF353望遠レンズ・・・直ったよ~

こいつ(Tokina AF353)が故障して諦め半分で、
新しい望遠レンズ(TAMRON AF70-300mm F/4-5.6Di)を買ったのだが・・・
TAMRON AF70-300mmのAFの動作とかがどうも私の性に合わずタラーッ
風景や花とかの動きのないもの用にはいいのだが、動物など動きのあるものにピントを合わせるのが大変アセアセ
・・・というわけで、Tokina AF353 35-300mmを分解して関連箇所をクリーニング等々ピカピカ
一回目・・・
 内部のセンサー部分やズームリング近辺が砂埃等々で汚れていたので掃除
 →広域⇔望遠全域で通信エラーだったものが、
  70-300mm域で正常動作できるようになった(35-70mm域は通信エラー)
諦めず二回目・・・
 一回目のセンサークリーニングで大幅に状況が改善できていることから、
 ズームセンサーとAFステッピングセンサー(勝手に名づけた)、
 AFステッピングモータに連動するギヤを集中してクリーニング
 →一回目と現象は変わらなかったが、AFの動きがスムーズになった
三度目の正直・・・
 これでダメなら修理に出すと決めもう一度分解。。。
 秘密兵器を導入(フツーの掃除機に先の細いノズルをつけた)
 ズームリングとピントリングを少しずつ回しながらAFセンサー部等やパーツの隙間をバキュームゴぉぉぉーッ
 かなりしつこくやってみた・・・
 →現象変わらず、買ったお店に持ち込んだなき
が!来客中だったので待ってる間にカメラに取り付け念のため動作チェック
・・・こういうときに現象でないんことってあるんだよなぁ~
  →PCとか修理でお客さんが持ってきたらどうもないという現象
まさかぁ~あれだけはっきり現象出てたからあかんやろキョロキョロ
え゛!まじか~~~~~~~オドロキ フツーに動くやん
お店の人に・・・
『あ、あんなぁ~直ってるねんタラーッ
『よかったやんニコニコ
『よかったといえばよかったんやけど・・・大丈夫かな?』
『なんかあったら持ってって~チョキ
・・・はずかしタラーッ
メカの修理は自信があるのだが、なんか狐につままれたみたい。。。
それ以来、快調に使えているんです???
結局、諦めず掃除した結果なんやろけど、直したという実感がないので心配である。。。
ほな

>> 保有機材とか <<

TAMRON AF70-300mm F/4-5.6Di新調

昨年買ったTokina AF353が先日来具合が悪く(汗;
シャッターを切ると『”err99”通信エラー、カメラの電源を入れなおしてください』と出て撮影ができない。。。
この望遠レンズ買ってからというもの『落ちる』『落とした』『砂かけ』『埃』『畑落下』etc・・・と不運つづき
・・・てな訳でお決まりの分解分解分解(汗;
内部の掃除をしたら・・・ズーム側ではシャッターが切れるようになったが、広角側ではやはり同じエラー(汗;
現象が少し変化したので、だいたいどこが悪いかなんとなく分かった・・
もう一度分解して~と思ったが時間のある時にじっくりすることにした。。。
仮に修理に出すとしてこの故障なら概ね8,000円~10,000円はかかるだろうと予測、
楽天で1万円台のズームレンズはないかな~と検索。。
めっけ↓
【送料無料!】お買い得セット タムロン望遠ズームレンズAF70-300mmF/4-5.6 Di LD Macro1:2 A17E:キャノン用
なんと!1万円前半(^^)即買いしました

前のより重量も軽く画質もシャープでええかもw
しかも、写真中央のスイッチを切り替えると・・・
マクロ撮影も可能なのである☀
それも約95cm離れた距離からΣ(・□・;)
↑つうことはやね~三脚組んでその高さからでも超マクロOKということなんだな~ええやんヶっ
早速試し撮り・・・

結局、撮られるのは『ワシかッ!』
まあまあ怒りなさんな^^
新しい望遠も手に入ったしそろそろ紅葉とるべ~\(^^)/
ほな

TAMRON AF70-300mm F/4-5.6Di ModelA17スペックメモ

・モデル名 A17
・焦点距離 70-300mm
・明るさ F/4-5.6
・画角 34°21′- 8°15′
・レンズ構成 9群 13枚
・最短撮影距離 1.5m(通常域)、0.95m(マクロモード時 f=180-300mm域)
・最大撮影倍率 1:2 (300mm時:最短撮影距離0.95m)
・フィルター径 (mm)  φ62mm
・最大径φ (mm)  φ76.6mm
・全長(mm) 116.5mm
・質量(g)  435g
・絞り羽根 9枚
・最小絞り F/32
・標準付属品 丸型フード

>> 保有機材とか <<

花火の撮り方(メモ)

花火の撮り方をメモしておきますので、是非チャレンジしてみてくださいね~
《まず道具が必要です~》
花火撮影には、カメラは一眼レフ、三脚、リモコン、手動シャッター(コレが裏技?)が必要となります。
カメラ・三脚はすでにお分かりだと思いますので上に挙げた道具をどのように使うかを説明します~
まず、リモコン・・・

一眼レフカメラで夜景や蛍、花火を撮影する際にバルブ撮影という機能を使います、
その際に必要なのがこのリモコンです~
リモコンはワイヤレスな物や写真のようにカメラにコードをつなげて使うものなどがありますが、
お好みや用途に合わせてお買い求めください。。。
次に手動シャッター・・・

コレは手作りします、
私は即席で作ったので普通の団扇に黒いビニール袋を被せてテープで固定しただけですが
十分役割は果たせています、きちんとしたいなら団扇につや消しの黒いスプレーで
塗装したものを使うといいでしょう~
《道具が準備できたら早速撮影してみましょう~》
※撮影時のカメラの設定
 M-BULB(マニュアルバルブモード)、F11、ISO感度/100~200、ホワイトバランス/太陽、AFモード/ワンショットorサーボ
 使用レンズ/Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 USM(撮影場所による)
①現地で撮影ポイントを決めましょう
②周りの方(一般観覧客)に邪魔にならない撮り方を工夫しましょう
 →最前列なら三脚を低くセットして敷物などの上に座り後の方の視界を妨げないように心がけます
   マナーは大切です、自己中心的な行動で他のカメラマンも同じようにみられます、
   カメラ撮影=迷惑と思われないようにしましょう、花火大会のみならず、
   最近にわかカメラマンのずうずうしさに呆れます。。。
③場所が決まったら花火が上がるまでに三脚とカメラモードなどを設定して待ちましょう
④花火が上がり始めたらリモコンのシャッターボタンを半押ししてピントを合わせます
⑤ピントが合ったら手動シャッターでレンズを覆ってリモコンのシャッターボタンを押してバルブ撮影を開始します
 →この時手動シャッターでレンズは覆ったままにしておく
⑥写したい花火が打ちあがったら、花火が開くと同時に手動シャッターをレンズから外します、
 花火が開ききったらまた手動シャッターで覆います(次の花火も同様に繰り返します)
 例>1回重ねたものは1枚目の写真です。
⑦気が済むまで⑥の動作で花火を重ねたらリモコンシャッターを解除します
 →この時、バルブを開いていた時間だけメモリーに書き込む時間がかかりますので壊れた!と早とちりをしない
※上の作業を繰り返し何度か撮って感覚をつかむようにしましょう~
《ポイント》
①手動シャッターで重ねる花火の数が多すぎるとぐちゃぐちゃになります~それぞれの好みですが・・・
 花火の打ちあがる高さがほぼ同じでこの↓写真の場合約10回パタパタと手動シャッターを開けたり閉じたりしたもの


写真撮影例1-1(大玉早打ち)

 重ねる花火は多くても、花火の高さが違うとゴージャスな写真↓になります。


写真撮影例1-2(スターマイン)

 ご覧のように花火の打ちあがり方によっても写り方は変わってきます、
 いきなりゴージャスな写真を撮ろうとしないで、まずは2~3回パタパタと手動シャッターを開け閉めして撮ってみましょう
②スターマインは打上ペースが速いので手動シャッターも早くするか花火の種類をよく観て組み合わせる
 スターマインという花火の種類は低く小さな花火が数多く打ちあがり後半は高さが上がっていくので
 写角に収まるバランスをイメージしながら花火を重ねていくといいでしょう
 ※上のゴージャスな写真もスターマインを撮ったものです(ポイント①写真例1-2)
 ただし、打ちあがるペースが早いのでタイミングがずれると↓のように
 花火の炸裂シーン(写真中央左寄り)が入ってしまいます


(写真撮影例2-1)

 そこで、打ちあがるペースと逆行して必要な花火だけをチョイスして重ねると・・・


(写真撮影例2-2)

このように写角にダイナミックな構図に配された花火写真が出来上がります
ポイントを整理すると・・・
基本:花火の炸裂と同時に手動シャッターを開ける、狙った花火が開き切ると手動シャッターを閉める
①同じ高さの花火を重ねるのは程々に
②スターマインは打ちあがるペースが早いので花火が開くたびに手動シャッターを動かすと
  炸裂シーンが入りやすくなり写真としては失敗する可能性が高い
・・・ということです
花火の撮影はこのような作業で撮ることができますので、
機会があれば試してみましょう~
近隣では2009年08月22日(土)に約5000発の花火が打ちあがる小野まつり花火大会があります~
その他は『兵庫』『花火大会』というキーワードで検索すれば花火大会情報がHITしますので
チェックして行ってみましょう~
リモコンなどの道具を用意してチャレンジしてみては?
ではでは
PS:他のサイトでは花火の中心を撮る方が価値があると書いてありますが、
   私的に花火の中心を入れるのが嫌いなのでわざと入れていません(撮れないわけではありませんが・・・)
   理由①究極の花火写真は肉眼で見る花火とはかけ離れているので前から違和感を感じていた
       実際、肉眼では花火が炸裂して一番印象に残るのは開ききる少し前だと思います
       当然その時には花火の中心なんぞ見えていないのです、よって偶然写ったのはともかくとして
       私の花火写真は中心部を撮らない肉眼で見た花火の感動を元に撮影しています。
   理由②大玉の花火で枝垂れる花火を撮った際に中心部が入っていると折れ曲がったような写真になり
       花火が平面的に写ることが多い、丸く立体的に広がる花火を写真で表現するには
       中心部の炸裂から飛び出る光の軌跡を入れると私の思う立体的な花火を撮ることができない


左:花火の炸裂時の中心が写っている(俗に言う正統派撮影)、
右:花火の炸裂時をわざと避けて写したもの(正統派準拠中心部はずし)
第31回姫路みなと祭り海上花火大会 2009年07月25日撮影)

   撮り方は正統派準拠で行っていますが、どうしても私の感覚的に炸裂時の中心部を写すのは違和感があるのです。
   プロや写真家から見て、『初心者が生意気に何言うとるねん!』と思われるかもしれませんが、
   被写体をカメラの操作で写り方に変化をかけたり、芸術的な写真や自分のイメージを主張するような写真は嫌いです、
   私はプロの写真家を目指しているわけでもなくごく自然な目で見たものを記録したいという個人の趣味の写真ですので
   広く一般的な(観る側の感性)感性を元にそのまま表現できる撮影が出来ればいいと思っています。
   あしからず。。。

>> 保有機材とか <<

望遠レンズ ケンコーSDZ500試し撮り

フルズームセッティングではないですが、
望遠部分の500mmを一眼(CanonEOSKissX)に装着し、
1km先にある鉄塔を手持ちで撮ってみた。。。
(35mm換算で約750mm)
肉眼では塔の形ぐらいしか認識できないが、どんな構造かわかるくらいに撮れる(^^)
写真はピンボケっぽいですが、この日は☂で靄っていました。。。
望遠レンズTokinaAF353(35~300mm/35mm換算最大450mm)で同じ塔を撮っても、
ここまで大きく撮ることはできなかったので月などの天体撮影時にはかなり期待できそうです~
ここのところ夜は天候が悪いのと、月がちょうど新月にあたり試すことが出来ませんが、
4月末辺りで天候がよければ月を狙ってみたいと思います~🌒

>> 保有機材とか <<

Canon EOS用リモコン(RS-60E3)とか新調

望遠鏡レンズ(ケンコーSDZ500)のことが、いずればれて怒られるんなら纏めて怒られとけ~
というわけで・・・レリーズ用のリモコン(RS-60E3)も開き直り購入+ついでにお掃除キットも☆彡
レンズの説明書を読んでると・・・
超望遠を使う際にミラーアップさせて撮らないと通常の場合シャッターを切ったと同時に振動でぶれるとか。。。
『ほな、買わんとあかんやん^^』
・・・キタムラへ=3
コレで天体撮影・蛍撮影・花火撮影が物理的に可能となったw
蛍や花火はもう少し先のお楽しみなので、とりあえず月のクレーターを撮るぞ・・・って今日は無理っぽい⤵
道具も揃い、この方のコメントで勇気をいただき隠し事するのも辛いので正直にTEL📲
『あんな、レンズ買うてん・・・』
『なんで~この前望遠レンズ買うたんちゃうん?』
『今回は超望遠レンズ、ちゅうか天体望遠鏡レンズやねんw』
『ふ~ん・・・』←興味なし
『小遣い溜めて買ってん・・・』
『ふ~ん・・・』
『アンドロメダ星雲撮って見せたるやん(汗;』←そんなん撮れるんか?
『ふ~ん!』
『・・・・・・やばっ』
『どっちでもええけど、撮れたら見せてくれたらええやん・・・』
・・・なんとあっさり
とりあえず危機は脱したようだ。。。
・・・ちゅうか年寄り人生の先輩の言うことは聞くもんだw
アドバイスをいただいたみなさん、ありがとうございました!
センチメントな内容の時は年寄り人生の先輩に相談しましょうw
ほな

>> 保有機材とか <<

ケンコーSDZ500・・・衝動買い

ケンコー製SDZ-500、超望遠レンズ2000~4000mm(最大)←今日届いてしまったw
星とかもっとでっかく『撮るどー!』・・・と
ネットでカメラに付けられる望遠鏡を探して『ほげー』っと眺めてたら
勝手に手が動いてしまい『ポチッ』とな・・・と衝動買い(汗;
定額給付金ぐらいだったのでついつい(汗;
『嫁』に内緒なので見つかってしまったときの言い訳考え中”キョロキョロ ”
・・・パチンコの景品でということにするか、写真コンテストで当たったことにするか←バレるやろ(汗;
なんか良い言い訳けないかなぁ。。。=3
言い訳募集中(本日21:00まで)なんとか生きながらえたので明日一杯…
それ以降ブログの更新がなかったら・・・説教食らってます(汗;←たぶん

>> 保有機材とか <<

姫路城西の丸かの櫓前の山桜~撮影メモ~


(姫路城西の丸かの櫓前の山桜 2009年03月30日撮影)

3/30 15:41頃、陽が少し傾き始め、桜にくっきりとしたコントラストが出る・・・
明暗の明るい方にアングルを決め撮ると、バックがコントラストの差で暗くなり被写体が浮き出る。。。

また、コレも私がよく使う方法だが、被写体(今回は桜)で陽の光をさえぎるところに立ち、
さらに逆光ではない場所へいいアングルを探しながら少し移動すると”↓”撮れる


レンズに対して陽の光を被写体で遮り、太陽:被写体:立居=45度:中心:15~45度の角度で撮ったもの

簡単にいうと陽の光が眩しくない方向に少しずらして撮影するということで、
上の写真は被写体寄りに太陽と自分の立居地が約90度で撮影、
下の写真は被写体から離れ、太陽と自分の立居地が約120度で撮ったものである。。。


レンズに対して陽の光を被写体で遮り、太陽:被写体:立居=45度:中心:45~60度の角度で撮ったもの

光と影を意識して撮ることと、カメラを向ける方向によって表現・色彩・明るさが変化することが見てとれる
下の写真のように一般的な順光(陽の光が被写体に当たっている状態)で撮ったものと比べてみると違いがよく分かる

奥行きが無くなり、レンズの深度によるぼかしが出てピントの合った被写体が浮き出ているように見えるが、
鮮やかさに欠け、被写体が背景に埋もれてしまっているようにも見える。。。
いくらいいカメラを買っても、光と影を読み取ることができないとべったりした写真となってしまいます~><
最近思うことだが、順光で撮るほど難しいように思う。。。
順光・逆光の好みもあると思うが私的には順光の写真より逆光気味で撮った写真の方が好みである。。。
コツさえつかめば逆光気味の撮り方の方が意外と簡単に表現ができるような気がします~

《撮影モード等》
・撮影機材 📷Canon EOS KissX+TokinaAF353
・撮影モード Av+忠実設定(シャープ気味)
・F値 F/5.6
・ISO感度 100
・三脚 使用せず

>> 保有機材とか <<

WB(ホワイトバランス)を変えて撮ってみた・・・

空が青くきれいに写るよ~という『水鏡サ』さんのアドバイスを受けて、
見較べが出来るよう同じアングルで数枚撮ってみた。。。w
左:忠実設定+WB(AUTO)、右:忠実設定+WB(蛍光灯)





こうやって見ると、甲乙つけ難いですね。。。
皆さんはどっちがお好き?
ほな

>> 保有機材とか <<

三脚新調☆Velbon KVS-510

注文していた品が着かないので、カメラのキタムラでとりあえず買いましたw
VelbonのKVS-510です・・・
全高1540mm、重さ1750gで、パンハンドル1本で左右上下に可動固定できるので、
邪魔くさがりの私にはちょうどいいかも。。。
しばらく使えればいいのでこんなもんかな(^^)
これで、望遠の撮影はもう少し落ち着いた写真が撮れるかな。。。

>> 保有機材とか <<