底砂を敷いた・・

水質が不安定で病気も続いていたので、濾過面積を補う為に底砂を敷いた。
水槽の改造はその為に行いました。(参照

20130922_0724
オランダ水槽

20130922_0725
らんちゅう水槽

底砂を敷いてからしばらく、というかだいぶ長い事水が真っ白でしたが、
先週末やっとこさ水が澄んできました。

今回敷いた底砂はジェックス ピュアブラック 8Lにしました。
黒系の砂の方が金魚の色が濃くなるとの事と個人的に黒っぽい砂が好きなのでこれにしました。
本当は、溶岩砂にしようかと思いましたが、その時たまたま在庫が無かったので・・

今度は、濾過槽の改造を計画中です。。

らんちゅう水槽改造

IMG_5467
第2作目のオーバーフロー管も気に入っていたのですが・・
餌のカスが溜まるのと大食いの金魚たちにやはりベアタンクはきついかな?というわけで、
底砂を敷いて濾過能力を補助することにしようと考え、
オーバーフロー管周りの仕組みを少し改良d(ーー)

IMG_1616
油膜とり機構の外管を外し、その役目を補う為のアクリル板の間仕切りをコーキングで貼りつけ。
アクリル板の底部からのゴミをある程度吸い出す為に少し隙間を残してコーキング。
予定では、水を張ると上部からオーバーフローしてフロー管室に流れ込むので油膜を一気に撃退できる・・はずw

IMG_3598
写真では分かりづらいかもしれないが、フロー管室と水槽との水位差が出来ています。
予定通りオーバーフローしてオーバーフロー管室に流れ込んでいます^^

かなりやっつけ仕事で改造しましたが、なんとか予定通りの出来栄えd(ーー)

底砂も注文したので、敷いたらまたご報告いたします~次は同じようにオランダ水槽もやる予定です。

雷鳴が轟く中、水槽台照明の電気工事d(ーー)

ピカッ☆、じゅぅぅぅぅぅ~~~バッキ~~~~~バリバリバリバリ~~~~(><)お~コワ

こんな世間情勢で仕事しててブレーカー飛んだらえらいこっちゃし・・
祇園祭も行きたかったが、いろんな意味で気分も萎えてヤメ(ーーメ)

ほなこれでもすっか・・と、水槽台の照明工事d(ーー)

20130714_0544
で、完成!
照明点いた☆☆
点くわそら・・

20130714_0545
かなりやっつけ工事なんで、電気工事士免許を持ってる身としては恥ずかしすぎてとても配線の写真は公開できませんm(_ _)m

どんな感じかは説明しときますw
先日行ったコンセント工事(水槽台の電気工事2013年07月04日
のコンセントから電源を供給、片切りスイッチをぶら~んと取り付け、引っ掛けシーリングを天板に取り付け。
たったそれだけのやっつけ工事。。

その引っ掛けシーリングにソケット付けて、
適当に余ってた電球、LEDに変えたところの蛍光灯電球とか、不良品のLED電球とか・・
つけただけ。や、ま、ええねんまた今度直すからこれでw

とりあえず仮設工事と言っておきますw

まぁ~なにはともあれ、これで濾過槽のメンテナンス作業は夜でもできるということですわ^^

仔らんちゅう排除

20130709_0535
仔らんちゅう3匹のうち1匹★、残り2匹も転覆病っぽいのでバケツに移動
治ればいいし、治らなければ残念TT

というわけで、らんちゅう水槽に黒らんちゅうを戻してやった・・

20130709_0537
黒らんちゅうが居なくなったオランダ水槽・・
「あいつ、図々しいから居なくなってよかった、あ~よかったw」と聞こえてきそうです^^

20130709_0539
水槽台の中を整理中に昨年買ったハイドロ用のゼリー玉?
なんか分からんけど、空いてたハイドロ用のガラス鉢に水を入れて出来上がりd(ーー)

たったこれだけです、なにも期待しないでください。さーせんm(_ _)m

濃縮PSB投入約1週間・・

20130708_0525
前日、茶ゴケが出ていたので、擦り取って約1/3の水換えを行って12時間経った水槽です。
水が光り始めました☆

透明度も増してきています~
水の状態、順調だと思います。。

20130708_0526
隣のディスカス水槽に引けを取らない状態になってきました。

やっぱりPSBのおかげなんかな・・←まだ疑ってる(・・;

状態はいいようなのでまたしばらく様子見です。

青仔に近いらんちゅう追加

Photo-07-07-13-21-55-08-5
水もだいぶ安定してきたので、らんちゅう(ほぼ青仔)を3匹追加・・

20130708_0529
体長約3cm~4cm、らんちゅう水槽に投入

20130708_0530
おそらく浜松らんちゅうと思われるが、血統不明・・

20130708_0531
この3匹投入時点で黒らんちゅうが居たのだが・・
あまりにも大きさが違い過ぎる上に追い掛け回すので、
もう少し体力がつくまで黒らんちゅうのアホたれにはオランダ水槽に引越ししていただきましたw

20130708_0533
図々しい黒らんちゅうは、反省の色なし・・さ、魚ですやん(^^;A

20130708_0534
当たり前のようにオランダたちにとけこんで居ます^^

この青仔みたいならんちゅう・・

投入後、水面近くに浮いています・・

転覆病(ガス病)か?
少しヒーターで水温を上げて様子見中ですが、なんかヤヴァいかもです・・
失敗したな。。

とうとう茶ゴケが出てきた・・

20130705_0509
水が透明度を増してきたころにやってくる、第一の関門「茶ゴケ」
このコケは水は透明になってても、まだバクテリアのバランスは完成していないことの証明です。

20130705_0513
これから増えてくるバクテリアと水換えによって、茶ゴケは消滅していきますが、
気になる場合はスポンジなどで擦れば簡単に取れます。

これから数日、この茶ゴケとの格闘が始まりそうです^^

我が家の金魚(2013年07月05日現在)

金魚一匹一匹に名前を付ける方が居ますが、思い浮かばないんでまた今度考えるとして・・
我が家に住んでる金魚をご紹介^^

飼育水槽:オランダ水槽
20130705_0510
東錦(当歳)1匹

東錦は、三色出目金とオランダ獅子頭の交配種で、
昭和6年に横浜の金魚商の加藤金蔵氏が作出した品種です。
東京の金魚商の高橋鉄次郎氏が「東錦(あずまにしき)」と命名されたそうです。

詳しくは→東錦(金魚Wiki)

20130705_0512

20130705_0516

20130705_0519
オランダ獅子頭(当歳)3匹

オランダ獅子頭は頭部に肉瘤が出た「琉金(リュウキン)」を元に作出された品種で、
江戸時代の鎖国政策により船来物を「オランダ物」と呼び珍重していた事から「オランダ獅子頭」と名が付いたと言われています。
※ 実際は琉球(沖縄)経由で、中国から長崎に伝わった金魚です。

詳しくは→オランダ獅子頭(金魚Wiki)

20130705_0522
黒出目金(当歳)1匹

黒出目金は「琉金(リュウキン)」の突然変異により作出された品種の赤出目金を改良して作られた品種です。

詳しくは→出目金(金魚Wiki)

飼育水槽:らんちゅう水槽
20130705_0524
黒らんちゅう(当歳)1匹

黒らんちゅうは日本の「蘭鋳(ランチュウ)」とは別物で、中国で作出された品種です。
中国や東南アジアで生産されたものが、日本に輸出され販売されています。
※一部、愛知県の弥富町でも生産しています。

詳しくは→黒らんちゅう(金魚Wiki)

2013年07月05日現在、以上の5匹が在住です^^
黒い金魚の撮影は難しい(^^;A

水槽台内の電気工事

Photo-04-07-13-00-31-07-0
だいぶ長いこと仮設状態で放置していた水槽台内の電気工事・・

万が一、配管や水槽が割れた際に仮設のタップコードではショートや漏電の恐れがあるので、
気にはなっていたのだが・・
結局、2年間放置。

ま、何事もなかったので良かったですが^^

Photo-04-07-13-00-54-49-0
濾過槽設置してる状態で、狭い空間の作業に苦しみながらトントンカンカン=3

ものの15分ほどで完了w

ま、一応電気工事士なんで^^
久しぶりにやったから、へたくそになってる(><)
現場は2,3件こなさんと復帰できんなw

濾過槽毎に2口露出コンセントを設置、足りんけどひとまず完了。
あとは、水槽台内での作業もできるように照明取り付けを予定。

Photo-04-07-13-00-31-08-2
揚水ポンプとヒーターのコンセントを刺して完成。

金魚系は夏場はヒーター要らないんでもうすぐしたら抜いておく。

濾過槽も目立った汚れなし。

ただ、この濾過槽、若干メンテがしにくいので、改良を計画中。。

今のままでもできないことはないが・・
次のメンテの時にしよ。。

濃縮PSB投入から48時間経過・・

PSBバクテリア液投入後2日、ビックリするほど速く水が澄んできました・・

20130703_0505
オランダ水槽2013年07月03日)-

20130703_0506
らんちゅう水槽2013年07月03日)-

PSB投入時↓と比較してみて下さい。
20130630_0479

ある程度水が立ち上がっていたからなのかPSBが激的に効いたのか分かりませんが、
見苦しい白濁した状態よりはだいぶんましd(ーー)

ここから茶ゴケが出始めるころなので、水換えをマメに行って行きたいと思う。
まぁ~茶ゴケなら平気ですが、黒ヒゲだけは歓迎できない。

ベアタンクのおかげでなんかメンテナンスもマメにするようになったような気がします。
そもそも面倒くさがりなんで^^

20130703_0504
-2階オランダ水槽、1階らんちゅう水槽-

前のセットの際の失敗の反省・・
・水草水槽を意識してCO2の放出を防ぐ為に給水側の配管を水面以下にしたため酸素の供給量が少ない。
 失敗→バクテリアの繁殖が悪い為に水面の油膜が出やすく若干生臭い臭いが発生
   (水面の油膜はバクテリアの死骸)
 改良→給水側配管を縦方向に約3cm上げて、水面より上から落下させることで各水槽に直接酸素供給
    濾過槽内の濾材内にエアーストーンを仕込み濾材に直接酸素供給
    濾過槽内の給水ポンプ室にエアーストーンを投入して水槽へ供給前に酸素供給
・底面フィルター下にヘドロが溜まりコケの栄養分を蓄積していますハメになった。
 失敗→コケが多発、水質悪化、生体が病気がち、水が臭い
 改良→底面フィルターの使用を取りやめ、オーバフロー管の改良を行い、ベアタンクにした
・水質が悪い上に水流が強すぎて黒髭ゴケが生い茂る
 失敗→底面フィルターからの吸い上げを強くする為、水流を強めに供給
 改良→底面フィルター撤去、水流抑制

その他の改良・変更
・メインタンクの自作LED照明を3灯→1灯(水草育成の必要がなくなった為)
・サブタンクの自作LED照明の電球をメインタンクのものと同じものに変更

などの変更を加えてバージョンUPd(ーー)