ミノカサゴ(蓑笠子)


(ミノカサゴ~鳥羽水族館にて~ 2009年01月12日撮影)

蓑笠子(ミノカサゴ 学名:Pterois lunulata)
・科目属目 カサゴ目フサカサゴ科ミノカサゴ属
・分布 太平洋の南西部とインド洋、日本では北海道の南部以南の沿岸部に生息
・特徴 夜行性で貝類や甲殻類を食べる、昼間は岩礁の影でじっとしている
    胸鰭等が長く華やかであるが背鰭には毒を持つので刺されると激痛を伴うので注意

ハマクマノミ(浜熊の実)


(ハマクマノミ~鳥羽水族館にて~ 2009年01月12日撮影)

ハマクマノミ(学名:Amphiprion frenatus)
・科目属目 スズキ目スズメダイ科クマノミ亜科
・分布 西太平洋とインド洋の熱帯域に分布
・特徴 全身が橙色で、目の後ろに太くて白い横帯が入り横帯は黒くふちどられる
    イソギンチャクを住処とする、縄張り内のメスの数が減るとオスはメスに雄性先熟という性転換をする
・豆知識 ディズニー映画『ファインディング・ニモ』はカクレクマノミをモチーフにしたものである。。。