赤立羽(あかたては)


(赤立羽~砥峰高原にて~ 2008年08月24日撮影)

       赤立羽(アカタテハ 学名:Vanessa indica)
       ・科目属目 チョウ目・タテハチョウ科アカタテハ属
       ・分布 インドからオーストラリア、日本まで広く分布、森林の近くの日当たりのいい場所に生息
            冬は木の陰などで越冬する
       ・特徴 羽を広げた大きさは約3.5cmで橙色の羽を持ち羽の先に白い斑紋がある、
            羽のふちは黒く縁取られていて、後羽のふちに橙色に黒い斑紋模様がある
       ・成虫期 3~11月頃(越冬するものもある)

       ・豆知識 秋になると熟した柿などに寄ってくる姿がみられることもしばしば
       ・タテハチョウの仲間
             褄黒豹紋(ツマグロヒョウモン

『わっち』の昆虫図鑑を携帯でみる↓

スポンサーリンク

“赤立羽(あかたては)” への2件の返信

  1. コンチャ おっとしぃデ~ス
    う~む。
    撮影方法が分からん (?_?)
    ガラス板にとまったのをじっくりねらったのかしらん???
    お・み・ご・と[拍手]

  2. 『おっとしぃ』さんへ
    どもども~[スマイル]
    ガラスにとまっているのではなく、
    黒いサッシにとまっています~
    屋外ですよ[ニコニコ]
    私のカメラの最高画質3072×2304でマクロ接写モード+手ブレ補正で
    蝶との距離約30cmくらいで撮りました~
    この記事の写真は蝶の部分をトリミングして載せています[ピース]

コメントは受け付けていません。