田村草(たむらそう)


(田村草~砥峰高原にて~ 2008年08月24日撮影)

       田村草(タムラソウ 学名:Serratula coronata var. insularis) 別名:タマボウキ(玉箒)
       ・科目属目 キク科タムラソウ属
       ・原産分布 本州、四国、九州
       ・特徴 草丈30~120cm、花の大きさ約3cm、山地の草原などに自生する、花は紫
       ・花期 8~10月

       ・豆知識 アザミによく似ているが全く別の種類であり葉にとげがない
       ・花言葉 「あなただけ」
       ・キク科の仲間
              田村草(タムラソウ)、藤袴(フジバカマ)、鋸草(ノコギリソウ)、掃溜菊(ハキダメギク
              蒲公英(タンポポ)、白花蒲公英(シロバナタンポポ)、秋桜(コスモス)、黄花秋桜(キバナコスモス
              野路菊(ノジギク)、霍香薊(カッコウアザミ)、向日葵(ヒマワリ)、姫女?(ヒメジョオン

『わっち』の花図鑑を携帯でみる↓