枝垂れ梅(しだれうめ)


(枝垂れ梅~世界の梅公園にて~ 2008年03月16日撮影)

 枝垂れ梅(シダレウメ 学名:Prunus mume form. pendula)
 梅(ウメ 学名:Prunus mume)の変種
 ・科目属目 バラ科サクラ属
 ・原産分布 中国原産、8世紀ごろ渡来
 ・特徴 杏(あんず)の近縁種で、花粉を媒介する虫の少ない時期に花が咲く、
     冬の終わりから3月上旬ごろ花をつける。
 ・花期 2~3月ごろ

 ・豆知識 花を観賞するほか、果実を梅干し、梅酢や梅酒にする
     漢方薬では薫蒸して真っ黒になった実を烏梅(うばい)といい
     健胃、整腸、駆虫、止血、強心作用があるとされる(Wikipediaより)
 ・花言葉 「高潔な心」「澄んだ心」など
 ・バラ科の仲間
    薔薇(ばら
    桜属:山桜(やまざくら)、染井吉野(そめいよしの)、里山桜(さとやまざくら)、
    八重桜(やえざくら)、紅八重枝垂桜(べにやえしだれざくら
    梅(白梅紅梅)、枝垂れ梅(しだれうめ
    紅酢桃・紅李(べにすもも

スポンサーリンク

“枝垂れ梅(しだれうめ)” への2件の返信

  1. こんにちは、わっちさん。
    梅の花、きれいですね。
    桜の花見はよく行くのに、梅の花見は、いつも通り過ぎてしまいます。
    こういう風にみると、落ち着きます。
    また、遊びにきますね。

  2. 『みみちん』さんへコメント遅くなりスマソ[アセアセ]
    3月になると梅の香りほのかな花見が楽しめますよ[ニコニコ]
    気分転換に行ってみては~幸せな気持ちになりますよ[ピース]

コメントは受け付けていません。