向日葵(ひまわり)


(向日葵~我が家の庭にて~ 2008年10月02日撮影)

       向日葵(ヒマワリ 学名:Helianthus annuus)
       ・科目属目 キク科ヒマワリ属
       ・原産分布 北アメリカ原産、種実を食用・油糧用、花の観賞用など
       ・特徴 高さ2mくらいまで生長し、大きな黄色の花を咲かせる。
           観賞用で交配された背の低いものもあるが、一般的にヒマワリといえば大きく成長するものである。
           舌状花、筒状花で構成される頭状花序である。


(向日葵~我が家の庭にて~ 2008年08月13日撮影)

       ・花期 7~10月ごろ
       ・豆知識 紀元前からインディアンの食用作物として重要な作物であった。
             1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。
             ヒマワリがスペインから国外へ出たのはその100年後であった。
             17世紀に入り、フランス・ロシアへ渡ったとされる、日本へ伝わったのは同じく17世紀ごろとされる。


(向日葵~南光ひまわり祭りにて~ 2008年07月19日撮影)

(向日葵~南光ひまわり祭りにて~ 2008年07月19日撮影)

(向日葵畑~斐川ひまわり祭りにて~ 2007年08月12日撮影)

       ・花言葉 「あこがれ」 「私の目はあなただけを見つめる」
             「崇拝」「熱愛」「光輝」「愛慕」「いつわりの富」「にせ金貨」など
             参照:花言葉:ヒマワリ,ひまわり(向日葵)
       ・キク科の仲間
              田村草(タムラソウ)、藤袴(フジバカマ)、鋸草(ノコギリソウ)、掃溜菊(ハキダメギク
              蒲公英(タンポポ)、白花蒲公英(シロバナタンポポ)、秋桜(コスモス)、黄花秋桜(キバナコスモス
              野路菊(ノジギク)、霍香薊(カッコウアザミ)、向日葵(ヒマワリ)、姫女?(ヒメジョオン

スポンサーリンク