山陽電鉄(5000系二次車)

1988年5月~1989年7月の間に製造された車両で、
転換クロスシート(二次車以降)を取り入れた山陽特急車両です。

当初、3~4両編成でしたが、阪神区間との相互乗り入れにより、
6両編成に改良され現在では、山陽姫路⇔阪神梅田を直通で結ぶ直通特急として活躍する。
6両編成に改良された主な点は、フロントスカートの形状がジャンパーを接続できるように、
連結器の周辺が広く切り取られた。
一次車との改良点は、クロスシートの背面が板張りになった、
内装の材質を改良した等がある。。。

↓↓↓ カテゴリー別鉄道図鑑 ↓↓↓
新幹線JR西日本JR貨物近鉄電車智頭急行阪神電車阪急電車京阪電車南海電車山陽電車

スポンサーリンク