WindowsXPもついでに高速化・・・

一つ前の記事でポンコツノートPCにFirefox3をRAMディスクで高速化したが、
デスクトップPCにもちょっと応用して施してみた。。。
うちのデスクトップPC(AthlonX2/3800+、MEM1G)も、そろそろ骨董品に片足突っ込んでいるが、
もうちょっとだけ頑張ってもらわなあきませんので、気合注入!『気合だー!』←そんなもんで動いたら世話無いアセアセ
・・・どうでもええけど何を施してん?
はいはい~本題に入りますニコニコ
まず、デスクトップPCを主に何に使っているかというと・・・
Photshopとかイラレとか画像加工、文書作成、インターネットなど結構オールマイティーに使っているので、
今のメインメモリが1GBとしょぼいこともあり、
メインメモリ上にRAMディスクを作ると画像加工とかの際にフリーズする恐れもあるので、
現環境を維持しつつ高速化する方法をとることにした。。。
そこで携帯用のSDメモリ(256MB)が余っているのに着目キョロキョロ
『ほな、コレ全部いてもたろ~』ということで・・・
PCのメモリカードリーダーにSDメモリをセット、
Gavotte Ramdisk』でRemovableDiskを選択して256MBに設定しOKを押して完成・・・
SDカードをRAMディスク化した。。。チョキ
ほいで、例のごとくFirefox3に『ちちんぷいぷい~』とおまじないを入れ←一つ前の記事みればわかるチョキ
Firefox3のキャッシュを128MBにセット、ためしにネット閲覧・・・『超はやっ、かるっニコニコ
・・・とここまではSDカードを使う以外、一つ前の記事となんら変わりない
RAMディスクの容量が128MB開いているので、
コレを使ってWindowsXPを高速化したろ~ちゅうことですニコニコ ←前置きながっアセアセ
どんな魔法を使ったかというと・・・
WindowsXPが動作する際にTEMPとかTMPに一時的に動作をキャッシュするので、
そのフォルダーをRAMディスクへ定義してやればアプリケーションの立ち上げとか、
作業速度が格段にUPするという『あらびんどびんはげちゃびん』なのです~スマイル
『それをやるには、どないしたらええねん?』
その前にコレ読んでね↓
若葉マーク自分で元通りに出来ない方やリカバリーとかやったことが無い方は絶対に施さないでください当方では責任持ちません
ここから先は、ぜ~んぶ自己責任でやりなはれや~あっかんべー
・マイコンピュータを右クリック→プロパティーを開く
・詳細設定タブを開いて、環境変数ボタンを押すとユーザー環境変数というところがあると思うので、
 その値をまずメモすること(失敗した場合あとで元に戻さなあかんので・・・)
・ほいで、編集ボタンを押して、TEMPとTMPの値をさっき作ったRAMディスクにする
 (例えば、R:TEMP とか各自環境に読み替えること、当然やけど半角英数で入れるんやで~)
・編集が完了したら、念のため間違いが無いか確認してや~
・OKを押して設定は終わり、PCを再起動して無事に起動できれば『めでたしめでたし拍手
 起動できなかったら、残念ながら大失敗です大泣き
 あ~あタラーッ
無事に起動できると別世界が待っていると思いますチョキ
・・・失敗すると、とんでもないことになります←予想不能ガーン
良いPCライフをお送りくださいまっせ~
まっ、そういうことですわ。。。ニコニコ

“WindowsXPもついでに高速化・・・” への2件の返信

  1. 『HDのメンテ・リカバリーについて知っておきたいこと』さんへ
    フラッシュメモリが世に出てから、
    価格も安くなり大容量の物が手に入りやすくなったので、
    応用すればもっといろいろできるはずです[スマイル]
    古いPCでも物理メモリやメモリカードがRAMディスク化できれば、
    まだまだ使えると思います~[ピース]
    コメントありがとうございました。

コメントは受け付けていません。