鏡面~木蓮と姫路城~


兵庫県立歴史博物館近くの木蓮・・・
昨日は蕾でしたが、
今日行ってみると咲いていました。。。スマイル
歴史博物館の鏡面、姫路城、木蓮の
コラボですチョキ
昨日行った際に木蓮の木の位置、
姫路城が写りこむ角度、
光の差し込む方向と時間を確認アセアセ
緻密?な計算で撮りました~チョキ
・・・たまたまですタラーッ
三の丸は桜が咲くまで風景が寂しいので、
しばらくシロトピア記念公園回りで
冬の間休んでたお散歩(撮影も兼ね)を
復活させたいと思います~チョキ

『木蓮の階段』
ちっちゃいおっちゃんになったら・・・
→そのままやんって突っ込まれそうやけど・・・
ピョコピョコと昇っていけそうですね~ニコニコ
木蓮の花は遠目ではよく見かけていましたが、
近くで見るのは初めてでした。。。
読んで字のごとく木の蓮(はす)・・・
花の形が蓮の花によく似ていますスマイル
大振りのエキゾチックな花でした。。。
ちなみに、花の中は微妙な高さで咲くので、
未だに覗いたことがありません大泣き
脚立持って行って覗いてみたい気もする・・・
まぁ~そのうち偶然見れるでしょう。。。

兵庫県立歴史博物館 HP

       ・所在地 〒670-0012 兵庫県姫路市本町68番地
       ・お問合せ 079-288-9011
       ・開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
       ・休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は、その翌日)
       ・年末年始休館 平成20年12月29日(月)~平成21年1月3日(土)
       ・有料ゾーン観覧料金 一般200円、高校・大学生150円、
                      小学・中学生ココロンカード提示無料(県外生100円)

“鏡面~木蓮と姫路城~” への6件の返信

  1. ★ワシャー、木蓮の花の中を見てみたいドー!
    みんな上向きやねんもんなぁ・・・。
    ★最初の写真。
    イロイロ想像した。
    講釈タレの始まり、始まり~(^^;
    白い花が映えるのは、バックとのコントラストがあるから。
    だから、花は天守閣の鏡像に入れるのがエエ。
    と、言ってカメラを上に移動すると、逆に天守閣のテッペンが切れてしまう・・・(><
    だから、『2~5日後に、もういちど行き、下の枝だけを狙う』
    ちゅうのはどないかなぁ?
    天守閣の鯱までガラスに入れて、尚且つ下の枝に咲く木蓮を入れる・・・。
    等と、一杯飲みながらイメージしとります・・・アハハ!
    ほな

  2. いい。[good]
    なんか、絵葉書みたい。
      すご~[拍手]
    木蓮・・・なんか、清楚な感じもしますね。
    ゆ~たりとした気持ちになりました。
    ありがとうございます。[ニコニコ]

  3. 『水鏡サ』さんへ
    見えそうで見えない『チラリズム』に惹かれるのですなぁ
    ・・・背がもうちょっとあれば[大泣き]
    最初の写真・・・けっこう難しいんですよ[スマイル]
    少ししゃがむと天守閣はすべて鏡に収まるが、木蓮の角度が悪くなり[クレイジー]
    かといってもう少し右に移動すると枝振りが絵にならず、
    メインが写りこむ城になってしまう・・・てな訳で私の腕ではコレが限界[タラーッ]
    またその点を踏まえて再チャレンジします[ピース]
    でも面白い写真でしょ[ニコニコ]

  4. 『たんぽっぽ』さんへ
    お褒めいただきありがとうございます[ニコニコ][ピース]
    こんな写真でよければどうぞ楽しんでいってください[スマイル]

  5. [ニコニコ]私も~もくれんの花の中がみたいっす[キョロキョロ ]
    わっちさんにかかると・・木蓮もこうなるんですね[拍手]
    いいですね~~~[メロメロ]

  6. 『さすけ』さんへ
    わいも見たいっす[ピース]
    ボーっと観てると貧相な花ですが、
    撮り方によって主役になれるんですね~[good]
    斜め下から木蓮にピントを合わせて撮ってみたら世界が変わりますよ[ニコニコ]

コメントは受け付けていません。