雪残る氷ノ山と鉢伏・兎和野高原(但馬高原植物園)へ☆其の四

GW(5/5)のお出かけ記事です。。。←遅くなってスマソタラーッ
この方が記事にされているのを見て思い出しました~

『別宮(べっく)』の棚田で静かなひと時を楽しみ・・・但馬高原植物園へとやってきました~チョキ

この日は曇り空でしたが時折晴れ間も出て、木漏れ日が差し込む中涼しく公園を散策できましたよ~

マイナスイオンをたっぷり吸い込み気分もリラックス~♪

小川のせせらぎに癒されます~

湿原の中をテクテクとお散歩・・・


ミズバショウを楽しむ前に大きな桂の木があるということなのでそちらを先に観にいくことに・・・

小川沿いに上っていくと・・・

セリの葉のように見えるが・・・変わった花?のような葉のようなキョロキョロ
少し歩くと・・・見えてきました『和池の大かつら』オドロキ

よく見ると川を跨いで聳え立っています~

チラッと見えるところは、やはり見てみたいもの・・・あっち側はどうなってるんやろ~キョロキョロ
どんどん近づいてみます。。。
大かつらの裏側↓

意外と川の流れは激しい。。。アセアセ

雪解け水でしょうか・・・めっちゃ冷たかったです~雪
雄大な大かつらを楽しみいよいよミズバショウの群生する瀞川平湿原へ。。。つづく
関連記事:雪残る氷ノ山と鉢伏・兎和野高原(但馬高原植物園)へ☆其の壱其の弐其の参其の四其の五
       氷ノ山国際ロッジで氷ノ山を眺めながらうどんを喰う

『わっち』の旅行記・お出かけ日記カテゴリを携帯でみる↓

“雪残る氷ノ山と鉢伏・兎和野高原(但馬高原植物園)へ☆其の四” への2件の返信

  1. ★こんばん、ワ!ッチ
    今思うと、流れを渡っている小さな橋は、カツラの根っ子だったかも知れへんなぁ?
    どない思う?
    ほな

  2. う~ん、そうかもしれませんね~[キョロキョロ ]
    大かつら周辺を撮った写真のうち1枚が、
    『水鏡サ』さんのものと一致するのがありました~
    その写真を見る限り途中で腐って切れているものの、
    そこから先が繋がっていますのでおそらく大かつらの根っ子の一部でしょう~[ピース]

コメントは受け付けていません。