blog心得。。。『著作権』について

じろ~~~っ

じろ~~~っ!
著作権』とは、
知的財産の一部で著作者の主張できる権利です。
一般個人のブログで日記風に書いた記事であっても、
記事の内容そのものが著作財産となります。
(ただし、他人の記事を引用したり、書き方を真似たり、改変したなどの記事は認められません)
極端な話をすると、『てんこもり』でブログを書き始めるとそれぞれに著作の権利が生まれます。
ご自身のブログの一番下をご覧ください。
『Copyright(C)2007/『わっち』のblog。。。  ALL Rights Reserved』
このように表示があると思います。
これは、このブログのすべての記事、作品、写真、細かく言えば表現に至るまで
すべての著作の権利をブログオーナーが所有しているということです。
著作権を主張され、行使されることの無いようにしましょうね。。。
じゃ、どんなことを気をつければいいのでしょうか。。。
<例>
あなたが私『わっち』の記事を見たとします。
きれいな写真(殆ど無いが・・・)を見つけました、
欲しいので、パソコンに保存しました。
・・・本来はこの時点で『貰っていいですか?』と写真の保有者に確認しないといけません。
  仮に黙って保存しても本人にはわかりません(ここがグレーゾーン)
このまま、自分の記事に運用転載すると『わっち』が怒ります。
一般に公開せず自分のパソコン内で楽しむだけでしたら、
保存されたことすらわかりませんので『わっち』は、怒りようが無いです。
もしそんなこと判ったら、『くやし~、絶対訴えってやる~』。。。ってなりますよね。
というような事が、ブログが世の中に現れてから横行しています。
上の例では個人の記事で生じる場合を例にとりましたが、
次に法人等の記事・写真・著作の個人ブログへの流用が非常に多くなってきています。
ここでは、Yahooニュース(何度も警鐘を鳴らしていますが・・・)を例にとってご説明します。
まず、Yahooニュースを開いてみてください。
新聞各社の名前が羅列してあると思います。
Yahooニュースは、マスコミ各社にニュース記事をインターネットで配信できる場を提供しています。
(『てんこもり』は、個人・企業にブログ記事をインターネットで配信できる場を提供しています。同じです)
ですから、記事の著作は記事を書いた各社にあり、
さらにYahooがガイドラインを定め運営しています。
さっき開いたYahooニュースの一番下を見てください。
『Yahoo!ニュースに掲載されている記事、写真、イラスト、動画等に関する著作権は、ヤフー株式会社または上記のニュース提供社に帰属します。ユーザーは、これら(一部あるいは全部を問わず)を複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用しないことに同意するものとします。』
とあるように、赤字のことは『あかん!』って先に怒っています。
『んじゃ~、Yahooに確認を取ったらいいじゃないの~』
Yahooは、Yahooニュースからの転用等は絶対といっていいほど許可しません。。。
『何で?』
『Yahooは、マスコミ各社に場を提供している身なので、各社に聞いてくださいというでしょう』
『そ~なんだ』
・・・悪質な例ではYahooニュース承認済みなんて書いているやつもいるが、ありえないでしょう~
また、新聞社各社が『日本新聞協会の「ネットワーク上の著作権に関する新聞協会見解」』に準じ
記事本文の流用等に関し、許可を事前に申し出て使用することが認められなければ
転用掲載は不可能としています。
『勝手に転用するな!』って『怒っています』
そりゃそうだろ~
彼らは、その記事で飯食ってるんだから。。。
場合によっては、著作権侵害以外に業務妨害損害賠償の対象にもなりかねません。
皆さん、気をつけましょうね~えらいことになります。
ですから、自分のブログ記事は常にオリジナルを心がけ、
どうしても、掲載したい他人のソース(記事や写真等)がある場合は、
個人法人問わず事前に許可を得てから掲載・転用するようにしましょう~
また、よく言われる『私的利用の範囲内』という言葉がありますが、
私的利用の範囲内というのは、
一個人が本人以外の目や耳等で知りえない範囲ということです。
個人のブログでインターネット上に掲載するということは、
他人の目にさらすということになり、私的利用の範囲内を完全に超えることになります。。。
勘違いしないでね~
今日は著作権について熱く語りました。。。
心無い方のおかげで『わっち』はすごくお勉強ができ感謝しています~ありがとスマイル
参考:『著作権』、『文化庁』、『日本新聞協会

スポンサーリンク