自己実現とIT

IT業界って安く見られとるなぁ〜とつくづく思った2日間だった。
利用方法と価値を決めるのは利用者。
可能性を追求する利用者は何百万積んでも安いと思っているd( ̄  ̄)

以前にも書きましたが、わからんから費用を出せないという方に手を差し伸べている間にITはどんどん進化します。
業界人としてはもっと先を見据えて動いてますので、申し訳ないがそこにかける時間はないのが本音です。

出来る出来ないに捕らわれずITの利用価値を自ら見出していただかないとお手伝いすることや我々の知識や技術を提供できる環境は整いません。

既に世の中にある仕組みやセオリーなどはこの業界には全くなく、みなさんが今までに経験したビジネスの感性でIT業界と付き合ってもイノベーションは起こらないと思います。
IT業界はあなたの会社の下請けでも出入り業者でもありませんし、便利屋さんでもOA機器屋さんでもありませんし、ホームページ屋さんでもありません。

「業者なんやからそれくらい教えてよ…」とか「教えてもらわなわからへん…」とかなんて心に思っている時点ではただの家電使いとなんら変わりないです。

専門技術はなかなか手に入れることは困難ですが、ITは教わらなくても目の前にも心の中にも存在していますし、あなたが必要とする知識もあなた自身にあります。
それを自ら引き出して提案することが本来のITの利用価値であって、その価値の可能性を我々の知識や技術で具現化して現実のものとすることが我々の業界の存在価値だと思います。

そういった自らにある提案を引き出すことが困難ならばそれをお手伝いすることは可能かも知れません。

パートナーシップを結び目的を実現するという気概がなければITを利用した経営革新もイノベーションも起こせないと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。