水仙(すいせん)


(水仙~亀山御坊本徳寺~にて 2009年02月07日撮影)

       水仙(スイセン 学名:Narcissus tazetta var. chinensis)
       ・科目属目 ヒガンバナ科スイセン属
       ・原産分布 原産地は主にスペイン、ポルトガル、地中海沿岸地域、アフリカ北部
       ・特徴 日本水仙は、中国を経由して渡来、園芸用品種としても親しまれる
            花の色はなどがある、中央にラッパのような花弁がある、球根植物である


(水仙~世界の梅公園にて~ 2008年03月16日撮影)

       ・花期 12~4月
       ・豆知識 ヒガンバナ科ということで、やはり毒がある、食してはならない
       ・花言葉 「うぬぼれ」「我欲」「自己愛」「神秘」、白い花「自己愛」


(水仙~亀山御坊本徳寺~にて 2009年02月07日撮影)

       ・ヒガンバナ科の仲間
             彼岸花(ヒガンバナ)、玉簾(タマスダレ)、水仙(スイセン白色黄色