タグ : 紫詰草(ムラサキツメクサ 学名:Trifolium pratense 別名:赤詰め草(アカツメクサ))

紫詰草(むらさきつめくさ)別名:赤詰め草


(赤詰め草~加西市富合付近にて~ 2008年06月29日撮影)

       紫詰草(ムラサキツメクサ 学名:Trifolium pratense 別名:赤詰め草(アカツメクサ))
       ・科目属目 マメ科シャジクソウ属
       ・原産分布 ヨーロッパ、西アジア及び北西アフリカ原産、明治以降に牧草として移入された
       ・特徴 背丈20~80cm、花の直径30mm程度、シロツメクサに比べかなり大きい
       ・花期 5~9月頃

       ・豆知識 牧草や家畜飼料として広く栽培され、空中窒素固定作用がある
              ハーブとしてもよく使用される(写真のままの花が乾燥したものを見たことがあると思う)
       ・花言葉 「復讐」、「善良で陽気」、「勤勉」、「実直」
             参照:花言葉:クローバー(シロツメクサ・アカツメクサ)
       ・マメ科の仲間
            藤(ふじ)、都草(みやこぐさ)、白詰め草(しろつめくさ)、紫詰草(むらさきつめくさ
            矢筈豌豆(やはずえんどう
シロツメクサに比べて、花自体はかなり大きく美しいオドロキ
葉の形状は、船型で丸くない、四つ葉を探してみたが見つからなかった。。。

>> 『わっち』の花図鑑でほかの花を探す【インデックス】 <<
>> 『わっち』の花図鑑でほかの花を探す【写真別】 <<
『わっち』の花図鑑を携帯でみる↓