タグ : 白花蒲公英(シロバナタンポポ 学名:Taraxacum albidum)

白花蒲公英(しろばなたんぽぽ)


白花蒲公英~男山八幡宮にて~ 2011年04月04日撮影

       白花蒲公英(シロバナタンポポ 学名:Taraxacum albidum)
       ・科目属目 キク科タンポポ属
       ・原産分布 日本在来種であり、本州関東以西、四国、九州に分布
       ・特徴 舌状花と呼ばれる小さな花が円盤状に配し、頭花を形成する(キク科の特徴)
            種は綿毛がついていて風邪に飛ばされて繁殖する
       ・花期 2~5月頃

       ・豆知識 関西タンポポとケイリンシロタンポポが交雑して出来た種である
       ・花言葉 「真心の愛」「神のお告げ」「愛の神託」「思わせぶり」「別離」
              花言葉:タンポポ,たんぽぽ(蒲公英)
       ・キク科の仲間
              田村草(タムラソウ)、藤袴(フジバカマ)、鋸草(ノコギリソウ)、掃溜菊(ハキダメギク
              蒲公英(タンポポ)、白花蒲公英(シロバナタンポポ)、秋桜(コスモス)、黄花秋桜(キバナコスモス
              野路菊(ノジギク)、霍香薊(カッコウアザミ)、向日葵(ヒマワリ)、姫女?(ヒメジョオン

>> 『わっち』の花図鑑でほかの花を探す【インデックス】 <<
>> 『わっち』の花図鑑でほかの花を探す【写真別】 <<
『わっち』の花図鑑を携帯でみる↓