カテゴリー : ディスカス水槽

雷鳴が轟く中、水槽台照明の電気工事d(ーー)

ピカッ☆、じゅぅぅぅぅぅ~~~バッキ~~~~~バリバリバリバリ~~~~(><)お~コワ

こんな世間情勢で仕事しててブレーカー飛んだらえらいこっちゃし・・
祇園祭も行きたかったが、いろんな意味で気分も萎えてヤメ(ーーメ)

ほなこれでもすっか・・と、水槽台の照明工事d(ーー)

20130714_0544
で、完成!
照明点いた☆☆
点くわそら・・

20130714_0545
かなりやっつけ工事なんで、電気工事士免許を持ってる身としては恥ずかしすぎてとても配線の写真は公開できませんm(_ _)m

どんな感じかは説明しときますw
先日行ったコンセント工事(水槽台の電気工事2013年07月04日
のコンセントから電源を供給、片切りスイッチをぶら~んと取り付け、引っ掛けシーリングを天板に取り付け。
たったそれだけのやっつけ工事。。

その引っ掛けシーリングにソケット付けて、
適当に余ってた電球、LEDに変えたところの蛍光灯電球とか、不良品のLED電球とか・・
つけただけ。や、ま、ええねんまた今度直すからこれでw

とりあえず仮設工事と言っておきますw

まぁ~なにはともあれ、これで濾過槽のメンテナンス作業は夜でもできるということですわ^^

リセット後の再立ち上げで白濁

20130630_0477
オランダ水槽2013年06月30日)―

今回のリセットは大幅なリセットだったので、
普段より少し長めに水作りの期間を取りましたが・・

生体投入後3日で白濁・・

濾材等はそのままに近かったので少し油断してたかも(><)

ヨーグルトを少したらしたのも原因かもしれないが、
2年稼動中のディスカス水槽も一瞬白濁したが即日回復したことを考えると、
・2年稼動中という年期が入た水槽だったから
・特に関係ない
寝起きなのでくらいしか思い浮かばない(^-^;A

20130630_0478
ディスカス水槽2013年06月30日)―

オランダ水槽はリセット後約1ヶ月、濾過槽の濾材は汚れを取り除く程度で灰汁抜き循環&定期的水換えで2ヶ月目にパイロット投入で白濁などしなかった。

まぁ~その後入れたのが金魚だからかもしれないが・・

換水しながら1ヶ月ほど様子見するしかないかな。。

想定される原因
・生体投入で水槽内の微生物のバランスが狂った
・そもそも立ち上がっていなかった
・気にしすぎ
やはり、寝起きなのでくらいしか思い浮かばない(^-^;A

たぶん、気にしすぎやと思いますw

白濁は、バクテリアが居る証拠なのでむやみに取り除こうと躍起になっていろんな薬剤投入するだけバランスを崩しやすいのも事実なので、気長にバクテリアがバランスをとってくれるのを待つしかないです。

観賞魚の飼い方(準備編)

20130627_0473
―我が家の金魚(オランダ獅子頭)―

観賞魚を飼うには、まず準備が必要です。
生体と水槽と器具を同時に買ってぶっつけ本番で飼い始める方が多いと思いますが、
それは絶対に避けてください。

なぜなら観賞魚が飼える環境づくりができていないからです。
観賞魚は人工的な水槽という狭いところで飼うことになります、
その水槽の中の環境を整えていないと、観賞魚が弱って病気をしたりしやすいからです。

私たち人間は空気を吸って生活しています、空気が汚れていたら病気になりますね。
観賞魚は水中でえら呼吸をして生活します、水が汚れていたら病気になりますので、
観賞魚を飼うには、まず水作りから行います。

基本的に準備する順番を箇条書きに書きます。
1、水槽(45cm~60cm水槽が妥当)、ヒーター、濾過装置、エアーポンプ、濾過材、ウールマット、バケツ2つくらい、水質試験紙類、
  砂利(使わない場合もある)、水の吸い出しポンプ(しゅぽしゅぽみたいなもの)、水槽の掃除用具、水槽台、水槽マット等
2、砂利をきれいに洗います。水道水で洗った場合は2日~5日ほど天日干しします。
  ※水道水のカルキ(塩素)を飛ばす為です。
3、濾過装置の濾過器、濾過材、ウールマットをカルキを飛ばした水(中和剤で中和した水で軽く洗います)
4、水槽台を組み立てて設置する場所を決めます。
  ※コケが生えやすくなりますので、直射日光を避けられる場所がいいと思います。
5、水槽台に水槽マットを敷きます。
  ※水槽台が水平でない場合や中央部が凹んでたり少し歪があると水槽に水を張った際にマットを敷いていないと割れる事がありますので必要です。
  ※水槽マットが手に入らない場合はホームセンター等で売っているウレタンマットを代用できます、
   水槽のサイズより少し大きめのものを買ってカッターナイフ等でサイズ調整します。
6、水槽を仮置きして水槽台とのバランスを確認して位置決めします。
  ※水槽に水を張ると重くて動かせなくなりますので空の状態で位置決めします。
7、水槽に砂利を敷きます。
8、濾過装置に濾過材やウールマットをセットして、ヒーター(必要な場合)などの器具を設置します。
  ※この時コンセントは繋がない。
  ※活性炭がセットに付いている場合がありますが、私流では使いません。
9、砂利の上にサランラップ等を敷いてからカルキ抜きをした水を入れていきます。
  ※サランラップを敷くのは水を入れ始めた際、砂利が舞い上がり水が濁りますのでそれを防止するためです。
10、水が張り終わると、濾過装置等のコンセントを刺して試運転します。
  ※濾過装置が動き出すと濾過器に水が上がっていき水槽に水が落ちて循環を開始します。
11、水が循環でき、水漏れ等がないか点検します。
12、水漏れ等なければそのまま約1ヶ月間、器具の汚れや砂の汚れ等の灰汁抜きをする為に循環させます。
  ※3日に1回水槽の約1/3の水換えを行い灰汁抜きを完了させます。
13、1ヶ月経ってポリ容器(約18リットルの新品)とバケツとスコップ(園芸用)を持って川に出かけます。
  ※姫路だと夢前川がお奨めd(^^)
14、できるだけ大きな川でダムのない川を選び、中流より上流で澄んだ川の水をポリ容器に汲みます。
  ※湧き水などの飲料水になっている水汲み場の水は鉱物などが水に含まれている可能性があるのでやめた方がいい。
15、次に持ってきたスコップ1,2杯分の川の砂利をバケツに取ります。
  ※できるだけ目の荒いつぶの大きい砂利(直径約5~10mmくらい)を持ち帰ります。
  ※この時、ヒルや寄生生物などを点検して持って帰らないように気をつけてください。
   川の流れのある淵の浅いところの砂利を浅く剥ぎ取るような感じで取ると変なものが付いてこない。
16、水槽から約半分水を抜き、持ち帰った水を入れて数日循環させます。
  ※余った水はポリ容器のまま直射日光の当たらない涼しい場所(できれば室内)に置いておきます。
17、川から持ち帰った砂利を生ゴミコーナー用の水きり網等(みかんの網でもいい)に入れて濾過槽に入れます。
  ※川の水にも濾過バクテリアが含まれているが、砂利に自然界最強のバクテリアが住んでいるので小さな水槽なら一気に立ち上がります。
18、エアーポンプで水槽内に空気を送り、数日(約3~5日間)水の状態をみて、残りの水を換水してください。
  ※水が白く濁っていてもそのまま循環させて3日毎に少しずつ水道水をカルキ抜きして換水していきます。
19、白濁がなくなったら水が安定してきています(最初の立ち上げから約2ヶ月が過ぎてると思います。)ので、
  試験紙で水質検査して、亜硝酸、硝酸濃度が検出されないか少し反応する程度ならOK。
  その後、海老やテストフィッシュ(飼いたい魚ではない安価なもの)などを数匹投入して様子をみます。
  ※この時、後に飼おうとしている魚との相性もあるので、ペットショップ等で相談して買うといいでしょう。
20、テスト用に投入した生体が病気になったり、死んだりした際は水質が悪い可能性があるので、
  大幅な換水を行って13からやり直すか、水道水をカルキ抜きして換水し続け試験紙等で検査しながら再立ち上げします。
  生体が死なずに水が明らかにピカピカになったら成功です。
  飼いたい魚を飼ってきて投入しましょう。
  水草等をレイアウトしたい方は魚の投入より前に植えてから魚を投入するといいでしょう。

準備編は水作りの基本です。
水作りは水の浄化サイクルを行う肉眼では見えない微生物を飼うことから始めます。
微生物による水の浄化サイクルが出来上がるときれいな水で健康でのびのびと魚は暮らせます。

魚が投入されると糞尿からアンモニアが発生します、アンモニアは生体に非常に毒なのでこれを分解してくれるバクテリアが沢山居ることで水がきれいな状態を保ってくれます。
メンテナンス編でも触れますが、アンモニアの浄化分解の順序を書いておきます。
アンモニア→亜硝酸→硝酸と分解されていきます。
アンモニアと亜硝酸が検知される水槽はとても危険な状態です、フィルターの汚れや底砂の汚れを掃除してあげてください。
また、硝酸は微量では無害ですが、溜まり続けるとやはり毒なので取り除く必要があります。
硝酸を取り除く方法は水換えです、一気に水換えを行うとせっかく増えたバクテリアが減ってしまいますので通常は1/3くらいずつ水換えします。
定期的に行うことで硝酸を減らしていく事ができますので、できるだけ1/3くらいで定期的に継続して水換えをしてください。
参照:熱帯魚飼育の基礎知識

お疲れさまでした~

次回はメンテナンス編を書きたいと思います。

ではでは(^^)/

久しぶりに掃除

茶コケが酷かったので綺麗に掃除d( ̄  ̄)

んで、こいつを投入、、
BICOMのアルジーガード…
効果を期待d( ̄  ̄)
ほな

掃除屋さんのセルフィンプレコ

ディスカス水槽のしつこい茶ゴケを掃除してもらおうと投入したセルフィンプレコです~
今までにミニブッシープレコやタイガープレコを投入しましたが、
ディスカスにつつかれてびびってしまい逃げ回る有り様。。
やむなく、ミニブッシー&タイガープレコには水草水槽に移ってもらい、
根性の座ったセルフィンに頑張ってもらう事になりましたチョキ

食欲も旺盛で、水槽の底一面に貼り付いていた茶ゴケを約1週間くらいでバクバク食って、
あっという間に綺麗になって、茶ゴケは殆どなくなってしまいましたw
さすがセルフィン。。
ただこいつ・・今は5cmくらいですが、
超ビックになります、大きな水槽に移すと最大60cmくらいになるとかァヮヮ((゚д゚;))
・・そら根性座ってるはずやわタラーッ
大きくなりませんようにキョロキョロ

でっかっくなっちゃったw・・が

最近食欲のないディスカスたち・・
ちゅうても、ハンバーグの食いは悪いけど、
フレークはバクバク食ってる( ̄▽ ̄)ナンデドー?

色が黒かったアレンカーレッドでしたが、
最近落ち着いてエエ感じですw
ちょうど茶ゴケがなくなってからくらいかな~
プレコ何度か投入したが、
ミニブッシーとタイガーはビビッテ水草水槽へ
でっかくなるんで嫌だったがやむなくセルフィン投入で、
水槽の底一面にべったりしていた茶ゴケをすっかり食い尽くしてくれましたニコニコ
先の事を考えると恐ろしいが、
またそん時に考える。。

スネークスキンはちと餌食いが細いんで小ぶり・・
もうひと回り大きくしたいが、
こう食が細いと一気には大きくならんやろな・・ガーン

久々のディスカス水槽でした。。

代わり映えはしないが・・

ハンバーグあげたところなんで若干お見苦しいのはご了承くだされ~
ディスカスも飼いはじめから約1ヶ月・・
活性化している水槽ではめちゃめちゃ食いますガーン

そんでもって一気にでっかくもなりますガーン
40cmの水槽では手狭になる日も近し。。

『スネークスキン』、ええ色出てますチョキ

最近は余り流行ではない、ブルーメタリックの凄いやつw
『ブルーダイアモンド』も真っ青チョキ
色もスタイルもいいのだが・・
あっち側の鰭が奇形ですガーン
たぶん食われたか買う前に病気したかで融けたんでしょう~
どうだろう~?生えてくるんかな。。
ほな

ディスカス追加しましたw

2匹だけだと突付きあって喧嘩する(俗に言う縄張り争い・・)ので、
同じような大きさのディスカス2匹追加w

レッドスネークスキンとローズレッド??(店頭ではアレンカーと表示されていた)を追加で投入~

最初に投入したブルーダイヤモンドとゴールデンレッドw

ゴールデンレッドとレッドスネークスキン。。
レッドスネークスキンは投入後間もないせいか、
ちょっと黒っぽいですキョロキョロ



ちょっと賑やか、っちゅうか。。
縄張り争い激化ガーン
をぃをぃ~TT

しばらく様子見です~w
ほな

底砂撤去・・ベアタンクへ

ハンバーグを与えるとやはり水の汚れが気になりガーン
底砂を撤去することにした。。
底砂もったいないので水草水槽の前景に入れたw

アミーゴで買った安物のディスカスのワリには発色がいいスマイル

Co.じゅり~ちょこまかw

ブルー&レッド、鮮やかなコントラストw
すばらし花まる

アクアブルーの名にふさわしい鮮やかなブルーw

ベアタンクにすることで、底から約4cm(約4リットル)広くなりましたw

残餌はこいつがお掃除w

惚れ惚れ~w

今の所2匹だけなので、縄張り争いが気になりますが、
互角のようで、徹底的にやってると言う感じではない。。
・・先日、熱帯魚屋のおやんじにびびらされたw
手ごろな大きさのをあと1~3匹投入して縄張り争いを回避する予定。

ディスカス水槽らしくスッキリ晴れ
底砂引き上げ時に少しストレスを感じていたようだが、
落ち着いたようできれいに発色が戻っています溜め息
よかたw

熱帯魚の王道☆ディスカス

ついに!っちゅうか、弾みちゅうか、ホン中華~♪
買ってしまった、ディスカス。。アセアセ

きっと気のせいでしょう~w

いやいや夢かもしれませんww

おるやんw
神経質でややこしい魚なんで、手を付けてなかったのですが・・タラーッ
正直、何で?買っちゃったかわかりませんガーン

仕事のストレスかもしれません。。
ディスカスは見てると優雅でのんびりできますgood

ひょっとしたら5月病かも知れません・・
いやアクアリウム病w
偶々水槽が余っていたからでしょう~、そうでしょう~w
ま、何はともあれ・・
飼った限りは頑張って育てます!
やってもた~溜め息