紅八重枝垂桜(べにやえしだれざくら)


(紅八重枝垂桜~姫路城三の丸にて~ 2008年04月04日撮影)

       枝垂桜(シダレザクラ 学名:Cerasus spachiana f. spachiana)
       ・科目属目 バラ科サクラ属
       ・原産 日本
       ・特徴 枝が長く垂れている、改良種、亜種などたくさんある
       ・花期 3~4月頃

       ※写真は紅八重枝垂桜で枝垂桜と八重桜の交配種と思われる
       主に鑑賞品種として社寺、日本庭園などで観ることが出来る
       ・播磨地方で鑑賞できる名所
         姫路城三の丸近辺、姫路城千姫ぼたん園
       ・花言葉 「優美」参照:花言葉:サクラ,さくら(桜)
        ・バラ科の仲間
           薔薇(ばら
           桜属:山桜(やまざくら)、染井吉野(そめいよしの)、里山桜(さとやまざくら)、八重桜(やえざくら
           紅八重枝垂桜(べにやえしだれざくら
           梅(白梅紅梅)、枝垂れ梅(しだれうめ
           紅酢桃・紅李(べにすもも

>> 『わっち』の花図鑑でほかの花を探す【インデックス】 <<
>> 『わっち』の花図鑑でほかの花を探す【写真別】 <<
『わっち』の花図鑑を携帯でみる↓
この記事へのコメントは閉じられています。