紫片喰(むらさきかたばみ)


(紫片喰~加西市のとある畦道にて~ 2008年06月22日撮影)

       紫片喰(ムラサキカタバミ 学名:Oxalis corymbosa)
       ・科目属目 カタバミ科カタバミ属
       ・原産分布 南アメリカ原産、日本、北アメリカ、オーストラリア、熱帯アジアに帰化分布
       ・特徴 背丈は約30cm、花の直径約20mm、地中の鱗茎で結ばれている
            種子はつけず、繁殖は鱗茎の周囲に小さな鱗茎を伸ばし成長する
       ・花期 5~9月
       ・豆知識 元々は観賞用で持ち込まれたものですが、地中の鱗茎がすべて除去しにくく
              場合によって駆除の困難な害草である。。。
              ハーブとしても食用に使われ酸味が強い
       ・花言葉 「喜び」「心の輝き」
       ・片喰の仲間
          片喰(カタバミ
家の庭にもたくさん生えているが、害草であったとは知らなかった・・・
そういえば、抜いても抜いても毎年生えてるなぁ。。。キョロキョロ

>> 『わっち』の花図鑑でほかの花を探す【インデックス】 <<
>> 『わっち』の花図鑑でほかの花を探す【写真別】 <<
『わっち』の花図鑑を携帯でみる↓
この記事へのコメントは閉じられています。