米保険最大手AIG救済か・・・?

米国保険最大手AIGは、米FRBより繋ぎ融資850億ドルを受け入れる事を表明(2008年09月17日09:30JPN)
米FRB、AIGの融資について米国財務省は全面的に支持すると表明(2008年09月17日10:15JPN)
ポールソン米国財務省長官、FRBによる融資を全面的に支持すると表明(2008年09月17日10:21JPN)
また、英バークレイズ、リーマンの北米投資銀行部門を買収検討中だそうだ(2008年09月17日09:53JPN)
・・・という訳で、世界史上最大規模の金融不安は一時的に回避されそうですスマイル
同じ民間企業のリーマンを救済せず、AIGを救済した米国政府の対応は、
リーマンは投資会社・・・投資は自己責任
AIGは保険会社・・・その規模と社会的影響
・・・を検討し決定したようだ←ほんとはどちらも自己責任なんだけどキョロキョロ
保険会社といえども、サブプライム債などを大量に購入し保険金を運用しているので、
その損金は自己責任で負うという事が原則・・・
米国もその辺りで公的資金の投入を躊躇していたようだが、リーマンに続くAIGの破綻となれば、
金融市場はもとより、世界的な景気減速が加速する恐れを懸念しやむなく救済したようだ・・・
AIGの株価の下落も著しく、AIGの株価が下がった評価損とサブプライム債の評価損を足しても、
今回の繋ぎ融資では数ヶ月もつかどうか・・・タラーッ
米国はドブに金を捨てたかも知れない。。。
・・・どうせ850億ドル刷ったんやろけど溜め息
ひとまず市場は落ち着いているが、
今回発表の効果の整合性等を検討し、米国金融企業の動向を注視する必要性がある・・・
投資最大手ゴールドマンの第3四半期決算は1株益1.81ドルと予想1.709を上回る結果となっていた(2008年09月16日JPN)
11:15現在の金融市場の動向
ドル/円 106.40円
NY原油先物 1バレル94.39ドル
日経平均 11850.78円 前日比+241.06
TOPIX 1131.97 +14.40
日経平均もAIG救済を好感し反発している。。。
<<AIG等続報>>
AIGへの繋ぎ融資の期限24ヵ月後に選択肢の1つは終焉とFRB当局者が発言した模様・・・(2008年09月17日11:31JPN)
モルガン・スタンレーが合併を示唆したとの報道・・・(2008年09月17日11:35JPN)
・・・なお、モルガン・スタンレーは現時点では合併への協議を行っているわけではない模様。。。
続報に伴い、金融市場は乱高下中。。。タラーッ

コメント

  • この記事へのトラックバックは閉じられています。
  • コメント (1)
  1. FRB、AIG救済に9兆円融資 連鎖破綻を懸念

    米連邦準備理事会/FRBは16日、経営難に陥ってい

この記事へのコメントは閉じられています。