阪神電鉄1000系電車


阪神電車1000系~山陽姫路駅にて~ 2008年09月10日撮影)

2007年10月5日より営業運転を開始した優等列車用の通勤形電車で、
2009年3月20日に予定されている阪神西大阪線の西九条~近鉄難波間の、
阪神と近鉄との相互乗り入れにも対応した急行系車両として2006年から製造が開始された車両です。


阪神電車1000系~山陽姫路駅にて~ 2008年11月23日撮影)

先に登場した9000系をベースに開発され、この車両もステンレスボディーを採用している。
本車両が9000系の後継系列でありながら、『10000系』ではなく『1000系』になったのは、
『阪神電鉄開業100周年を超え、新たな100周年への再スタートを込めている』ためとされている。

《主な仕様》
編成 6両
起動加速度 3.0km/h/s
営業最高速度 106(山陽線内は110)km/h
設計最高速度 110(準備で120)km/h
全幅 2,800mm
軌間 1,435mm
電気方式 直流1,500V
駆動装置 中空軸平行カルダン駆動方式
保安装置 阪神・山陽・阪急形ATS、近鉄形ATS(旧・新併設)
製造メーカー 近畿車輛

>> 今まで行ったお出かけ記事 <<

>> 鉄道写真館TOPページへ <<
鉄道図鑑:新幹線JR西日本JR貨物近鉄電車智頭急行阪神電車阪急電車京阪電車南海電車山陽電車
この記事へのコメントは閉じられています。